きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
きのこアルバム

【きのこアルバム】ナギナタタケ

ナギナタタケ

 
桜の開花や暖かい日が増えてきた3月末、
きのこも人も、まもなく新年度を迎えようとしております!
 
この時期ですと長野の山にはまだ残雪があり、
春のきのこが姿を現すのはもう少し後になります。
 
そこで今回は、爽やかな「春の色」をイメージして、
「ナギナタタケ」というきのこをご紹介いたします!
 
皆さんの中には写真を見て、「これがきのこ?」と
感じた方もいらっしゃるかもしれません。
 
なんだか、花びらのようにも見えますよね。
 
ナギナタタケは夏から秋にかけて発生し、
成長すると10cm程度になる、細長く平たい形をした紡錘状のきのこ。
一般的には10数本ぐらいで束になって発生しているとのこと。
 
名前にある「ナギナタ」は、
昔からの武器である「薙刀」に似ていることから
この名前が付けられたそうです。
 
小さなきのこではありますが、武器の名がつけられると、
なんだか強そうなイメージになります。

 
ナギナタタケ
 
きのこの名前が“もの”に由来することは多く、
以前きのこらぼでご紹介したサンコタケもそのひとつです。
 
想像力豊かな名前が多く、
覚えるのも楽しくなりますよね。
 
また、学名のfusiformisですが、
fūs(ラテン語で「紡錘」)+Form(形状)より成り立っています。
 
ちなみにこの容姿…身近なあのフルーツにも見えませんか?
私だったら「バナナタケ」と名前を付けてしまうかもしれません(笑)。
 
非常に鮮やかな黄色のナギナタタケですが、
実は赤色の“ベニナギナタタケ”や
紫色の“ムラサキナギナタタケ”といった別種も存在します!
 
また、面白いことに、下の写真のようなよく似たきのこがあります。
 
ナギナタタケ
 
名前は“キソウメンタケ”。
 
ナギナタタケが数本~10数本で束になって発生するのに対し、
キソウメンタケは1本ずつ独立して発生することが多いのだとか。
 
小柄で鮮やかな色のきのこですが、よ~く見ると確かに別物です。
 
どちらも食に関して毒はないとのことですが、
小さいため食べる人はあまり多くないとのこと。
 
カラフルな別種があったり、よく似たきのこがあったり、
やはりきのこの世界は奥深いですね。
 
森の中を彩るこれらのきのこは
カラフルで比較的見つけやすいため、
ぜひ、山のなかで探してみてください!
 

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら是非きのこらぼに教えてください♪
 
きのこ発見!情報を送る

 

◆◇ナギナタタケ◆◇◆

ナギナタタケ 壁紙

以下よりご使用のパソコンの解像度を選択してダウンロード下さい。

1280×1024
1600×1200
1920×1200

▼Windowsの場合

表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合

表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 > 「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップして下さい。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ