きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
きのこ面白情報

【きのこ面白情報】きのこ写真家 新井文彦

arai1

きのこを見て、宇宙を想う!?

きのこの写真を撮ることが仕事なので、夏から秋にかけて、ほぼ毎日森へ通っています。メインフィールドは北海道阿寒湖周辺。ここには本当に素晴らしい森が広がっています。
阿寒の森で、きのこを見つけたら、じっくり観察。形や色や大きさのチェックはもちろん、匂いを嗅いでみたり、触ってみたり、時にはちょっとだけ齧ってみたり、五感をフル稼働させて、きのこと対峙します。
ところで、きのこの本体は、いわゆる「きのこ」ではありません。

え?どういうこと?

実は、一般に「きのこ」と呼ばれているものは、子実体(=生殖器官)で、きのこの本体は、土や木の中に糸状に広がる菌糸。きのこだと思って観察していたものは、実は、きのこのほんの一部なんです!
きのこの本体が見たい!と、子実体の周りを掘ってみても、おそらく、肉眼で菌糸を見つけるのは無理。では、きのこの本体を「見る」にはどうするか?顕微鏡などを持ち出す、という方法がありますが、けっこう敷居が高いですよね。そこで、知識です。そして、想像力。
きのこに関する本や資料に手当たり次第当ってみる。きのこに詳しい人に教えを請う。そして、肉眼で見えないなら、自分に蓄積した知識をもとに、想像しちゃえばいいんです!そう、それこそ、プロではない、アマチュアならではのきのこの楽しみ方と言えましょう(笑)。

arai2

森の底にたった1本生えている、きのこの子実体。一見、独立して生きているようですが、多くの場合、細い「枝」を伸ばして植物の根との間で共生体をつくり、栄養のやりとりをしています。その共生体のことを菌根と言い、菌根を持っているきのこを菌根菌と言います。

例えば、マツタケはマツの菌根菌、ハナイグチはカラマツの菌根菌です。ある種のきのこは、特定の植物だけではなく、いくつかの植物と菌根をつくってつながっています。陸上植物の数は20万種とも30万種とも言われていますが、その8割以上が菌根菌と共生しているのだとか。つまり、森の植物のほとんどが、地中のきのこネットワークを通じてつながっているんです!すごいですよねえ。

ちなみに、菌根菌の人工栽培は大変難しいとされています。研究は日々進められているので、きのこの王様・マツタケが、1年を通じて安価で安定して供給される日も、そう遠い未来のことではないでしょう。ね、ホクトさん?


今、ぼくたちの目の前にある自然は、地球が誕生して以来およそ45億年の月日を経て、動物や植物や菌類やその他たくさんの生物や、あるいは無機物が、相互に関係してつくりあげた極めて精緻なシステムです。いや、宇宙開闢(かいびゃく)以来、約138億年かけてつくられた!と言っても過言ではありません。きのこも、植物も、人間も、地球も、太陽も、夜空にきらめく星々も、同じ宇宙で生まれた原子でできているわけで……。自然を大切にすることは、自分たちを大切にすることなんですよね!
大自然の森の中で、きのこを、見るだけではなく、五感を駆使して全身で感じたり、脳みそをフル回転させて、ふふふな想像や、むふふな妄想を繰り広げ、かつ、カメラのシャッターを押す……。こんな時間が楽しくないわけがありません!きのこ写真家冥利に尽きます。

arai3

写真は一瞬を切り取る、とよく言われますが、自然写真の場合、切り取った一瞬は、宇宙誕生以来138億年の歴史が積み重なった上での一瞬なわけで、必ずしもその瞬間だけを抽出したものではありません。見えない「本体」を想像し、周りの自然との関係性や、時には宇宙にまで思いを巡らせ、きのことの会話を楽しみつつ、シャッターを切る……。きのこ撮影の醍醐味です。この時代に、この阿寒の森で、天文学的な確率でお互いが出会ったのですから、美しく撮らなければきのこに叱られちゃいます。

それにしても、知れば知るほど、きのこは奥が深いです。

新井さん、あなたにとってのきのことは?
「科学であり、哲学であり、飯の種であり、飯のおかずです。」

Exif_JPEG_PICTURE
新井文彦
きのこ・粘菌写真家。1965年、群馬県生まれ。夏から秋にかけては、北海道・道東地方で、アウトドア系ガイド業にもいそしむ。本と、柴犬と、ギターと、ラーメンと、お酒と、阿寒湖周辺の森と、そしてもちろん、きのこ・粘菌をこよなく愛する。著書は『きのこの話』(ちくまプリマー新書)。糸井重里氏主催のインターネットサイト・ほぼ日刊イトイ新聞で「きのこの話」を連載中(毎週菌曜日更新)。http://www.1101.com/kinokonohanashi/
本人ウェブサイト「浮雲倶楽部」http://ukigumoclub.com/
====================
新井文彦写真展「静かな湖畔の森のきのこ」
北海道阿寒湖温泉 奏楽の森ギャラリー
9月1日(日)〜10月31日(木)
10:00〜1700・19:00〜21:00【水曜定休】
http://www.akanhire.co.jp
====================

あなたの身のまわりにあるおもしろいきのこの情報などをぜひ教えて下さい!