きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
浅見れいなとキレイの秘密を探して

メディアで話題の「菌活」。食物から「菌」を摂ることで体内環境を整え、体の中から美しくなろう、という新しいライフスタイルです。「菌活」に特に効果的、と言われるのが栄養豊富なきのこ類。InRedでは「きのこでできる菌活」を通じて、人気モデル浅見れいなさんと30代の「キレイ」を探ります。

浅見れいな【女優・モデル】
東京都出身。女優として映画、ドラマへの出演のほか、モデルとして女性誌でも活躍中。


自分のベースを見直し土台を作ることから始まる

—— 浅見: ついに連載がスタートしました(照笑)。ずっとやりたい気持ちはあったの。30代になって、ファッションだけじゃなく、ライフスタイルとかも含めて視野が広がって、その分考えることも増えたりして……。そんななかで、外見も内面も、自分らしく、少しずつでも磨いていけたら、って。そうしたらこの先もっと大人になった時どんな景色が見えるんだろう?って。そんな等身大の私を連載という形を通して表現できることが、すごくうれしい! そこでふっと浮かんだ人が青木良文さん。環境が変わる時とか大きな仕事が決まる時とか、引っ越しとか、なぜか偶然に出会って、その度に心強いアドバイスをくれる。この連載も私にとってはまさに転機なので、ぜひにと!


エディター
青木良文
『フィガロジャポン』をはじめ多くの女性誌で、ファッションと占いページを担当する人気編集者。

 

—— 青木: 光栄です(笑)。僕はもともと雑誌で、占い企画に携わるうちに、人生のバイオリズムを知ることはとても大事だなって思うようになったんだよね。人生の予防というか。だから、なるべく伝えてあげたい。ちなみに今年は、「土」の気を持つ二黒中宮の年。自分自身のベースを整えたり、土台作りをする年って言われているから、この連載はまさに絶好のタイミング。それと、れいなちゃんは30代から輝く星がきてる!

—— 浅見: 30代になってからは、モデルを頑張りたいって強く思ったし、自身の本の出版したり。

—— 青木: まさに一昨年がリスタートの年だったから、今はやれることは何でもやりきるのが得策。

—— 浅見: でも30代ってアレコレ考えちゃいますよね。まわりの友達も、結婚や出産、仕事もバリバリ頑張る子もいて、自分はどうだろう?と。いますぐ結婚したいとかは考えていないけど、ふと立ち止まることも多いというか……。

—— 青木: 30代っていちばん迷う時期なんだよね。人と比べたりして自分を見失いがちになる。でも、30代だから結婚しなきゃとか、子供生まなきゃとか、“~だから”っていう思い込みがいちばん障害になる。「土」の年は、深く掘り起こして一度崩壊させないと生まれ変われないという年でもある。既成概念を外すことを、心がけるだけでも人生は変わってくる、と特に30代女性のみなさんに強く言いたいです。それから、身体の土台で言うと、二黒中宮の年の象意は胃腸なのだそう。なかでも腸はいろんなものの源で、ここに毒が溜まると運が落ちるそう。

—— 浅見: そうなんですね。私も体をオイルでケアする時、お腹もマッサージしています。それと食生活。オーガニック野菜、特にきのこなどは、意識的に摂り入れてるようにしてる。腸がきれいになると肌もきれいになるし、女性にとってはいいことづくめ。

—— 青木: そう! 土台作りがしっかりしていれば怖いものなし。自信を持って、もっと素敵に輝けるはず。

—— 浅見: 連載を通して、まずはしっかりと土台作りをしていきます!

 

れいなが作る「菌活」きのこレシピ

マイタケの豆乳クリームパスタ

マイタケ1パックを炒め、小麦粉大さじ1を混ぜた豆乳200mlを加え、こんぶ茶小さじ1を加えてとろみがつくまで加熱する。茹でたスパゲティーを加え、パセリ、胡椒をのせる。「味が濃くて洋食とも相性がいいマイタケは大好きな食材。豆乳を使ってヘルシーに」(浅見さん)。

 

今月の菌活格言

・既成概念に捉われない土台作りが大事
・腸をケアすることでもっと美しくなる

 



ダイエットやストレスケアにも! 腸をキレイにする ”きのこで菌活” 情報が満載! ↓

ダイエットやストレスケアにも! 腸をキレイにする ”きのこで菌活” 情報が満載! ↓