きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
浅見れいなとキレイの秘密を探して

メディアで話題の「菌活」。食物から「菌」を摂ることで体内環境を整え、体の中から美しくなろう、という新しいライフスタイルです。「菌活」に特に効果的、と言われるのが栄養豊富なきのこ類。
InRedでは、「きのこでできる菌活」を通じて、人気モデル浅見れいなさんと30代の「キレイ」を探ります。

浅見れいな【女優・モデル】
東京都出身。女優として映画、ドラマへの出演のほか、モデルとして女性誌でも活躍中。


夏の肌をも楽しむ そんな余裕を持っていたい

連載2回目は日差しが強くなる夏を前に、気になる肌ケアについてトーク。

「紫外線対策、あえてやらなくてもいいんじゃない(笑)? っていうのは大げさかもしれないけれど、自分的には夏らしくこんがり焼けた肌もアリだと思うんです。
肌が焼けているのは、夏を思いっきり楽しんでいる証拠。
自分の日々の変化を楽しむくらいの余裕を持った大人って素敵じゃないですか。
もちろんケアは大切ですよ。ケアした上で、夏も自然体で楽しみたいなと」

その日々の変化に気づくためには、普段から手で自分の肌に触れておくこと。
“潤いが足りないな”、“毛穴がザラザラしてるな”と手のひらで触った瞬間に肌質がわかるのだとか。


「手は神経を研ぎ澄ませるように、念入りにケアしています。指の付け根の間を開いてシワのひとつひとつを伸ばすようにオイルでストレッチします。
両手の皮膚のシワ同士を繫げていくイメージ。そうすると、どんどん手の感覚が敏感になっていくのがわかる!手って、いろんな人、モノに触るでしょ? 好きな人に触れてドキドキしたりとか(笑)。
そういうの、一番に感じるところだから、絶対にケアしておいたほうがいい。
私も手のケアを重点的にやるようになって、熱いものをもっと熱く感じるようになったし、肌に触れた時の変化にも気づきやすくなった。
自分の体の変化を把握できるバロメーター的な役割ですよね。
手からの流れで、全身のオイルケアも欠かしません。ちなみにその時は全裸ですからね(笑)。
ストレッチをしながらじっくりと丁寧に、すみずみまで!
そのくらい自分の体と向き合う時間を大切にしています。日々疲れているとついルーティンになって、ちゃちゃっと済ませてやった気になるけれど、それだとよくない。
以前、通っているパーソナルトレーナーに言われたんです。“そんな肌の状態で、男性が触れたいって思ってくれると思う?”って。その通りだな、と(笑)。
それから、ゆっくりと丁寧にやるようになって、すごく時間はかかるんだけど、自分に向けられる時間が楽しくなったの。
腕や脚は関節を伸ばしながら、オイルをたっぷりと塗ります。シワのひとつひとつも丁寧に塗り込んで。やりはじめて2、3週間でびっくりするくらいの変化を感じましたね」


肌に直接使うものはオーガニックを選びたいところ。便利なスプレーとセージやカモミールなどが香るマッサージオイル。

 

使っているオイルはオーガニックで、優しい使い心地のもの。
シトラス、ローズなど、その日の気分でリラックスできる香りを選んでいるそう。


「オイルと言えば、“食べるオイル”で内側からも取り入れるようにしていますね。特に腸にいい上に肌にいいビタミンがたっぷりのきのこ類をオリーブオイルやココナッツオイルで炒めたり、さっぱりとサラダでいただくのが好き。美味しく丁寧な食事と自分と向き合う時間。日々のキレイのために、この夏も菌活が欠かせません!」

 

れいなが作る「菌活」きのこレシピ

ブナシメジとエリンギのマリネ ※2人分

マリネ液(オリーブオイル大さじ2、ワインビネガー大さじ2、レモン汁大さじ1、塩、コショウ、ピンクペッパー、イタリアンパセリは各適宜)に、しんなりするまで炒めたブナシメジ1パック、エリンギ1パックを混ぜ合わせ、容器に入れて30分ほど味をなじませる。「常備菜としても◎」(浅見さん)

 

今月の菌活格言

・変化を敏感に感じ取れる手のケアを入念に!
・自分の体と向き合う時間が大切!

 



身体の内側から美肌を作る ”きのこで菌活” 情報が満載!

身体の内側から美肌を作る ”きのこで菌活” 情報が満載!
  • 今月の菌活レシピ
  • 美肌を叶えるマイタケのちから