きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
浅見れいなとキレイの秘密を探して

メディアで話題の「菌活」。食物から「菌」を摂ることで体内環境を整え、体の中から美しくなろう、という新しいライフスタイルです。「菌活」に特に効果的、と言われるのが、菌そのものを食べられる唯一の食材で栄養豊富なきのこ類。InRedでは、「きのこでできる菌活」を通じて、人気モデル浅見れいなさんと30代の「キレイ」を探ります。


きのこを味方にして二日酔い知らずに

今回はプライベートでも大の仲良しという人気スタイリストの安西こずえさんが登場。
「最高の飲み友だち」というお二人ならではの女子トークが繰り広げられました。

—— 安西さん: れいなと初めて会ったのは雑誌の現場だったね。1年位前かな。もともと可愛いな〜って思っていて、私がリクエストして実現した撮影だったからさ、会えた時は感激だったよ。

—— 浅見さん: 撮影で意気投合して、すぐに飲みに行ったよね(笑)。

—— 安西さん: しかも結構渋い居酒屋にね(笑)。楽しくて楽しくて、ベロベロになっちゃったもんね〜(笑)。

—— 浅見さん: はじめは「安西さん」って呼んでたんだけど、いきなり「他人行儀で嫌だから、こずって呼んで〜」って(笑)。一気に距離感が縮んだの。

—— 安西さん: れいなはこんなにキレイなのに、酒豪なの(笑)。すっごい気さくで気取ってないし、外見と中身のバランスに、もうノックアウトだよね。いい女だよ、ホントに(笑)。

—— 浅見さん: 酒豪とか、やめてー!(笑)。こずこずだってすんごい飲むじゃん。しかも高いヒールとか履いてくるから、すぐ転んじゃうの(笑)。

—— 安西さん: そうそう。迷惑かけるね、いつも(笑)。れいなはさ、前日に深夜まで飲むことがあっても、翌日に全然残んないよね。仕事が入ってたら、プロとして当たり前だけどさ、買い物とかプライベートで会う時も元気いっぱいじゃん。すごいよね。

—— 浅見さん: それがさ、去年イベントやラジオ出演で「きのこで菌活」っていうライフスタイルを知って、きのこの栄養について勉強したのね。そしたら、驚きの事実を知って。

—— 安西さん: え、なになに!

—— 浅見さん: 二日酔い対策の定番といえば、しじみ汁じゃない?それってしじみに含まれるオルニチンって栄養素が肝臓の働きを助けてくれるらしいんだけど、ブナシメジとブナピーにはそのオルニチンがしじみの約5〜7倍も含まれてるらしいの!だからおつまみとか、お酒と一緒の食事ではなるべくブナシメジとかブナピーを食べるようにしていて。個人的な感想だけど、翌日お酒が残らないようになったよ!

—— 安西さん: え〜!マジ?すっごい耳より情報じゃん。なんで今まで教えてくれなかったの?(笑)。

—— 浅見さん: ごめん、ごめん。1人でこっそりズルしてたわ(笑)。こずこずは料理も上手だもんねー。私はお酒飲んだ翌日もしじみ汁じゃなくて、きのこスープを作って飲むようにしてるよ。ぜひ試してみて!

—— 安西さん: 今晩さっそく作るわ(笑)。


左: 女優・モデル
浅見れいな
東京都出身。女優として映画、ドラマへの出演のほか、モデルとして女性誌でも活躍中。

右: スタイリスト
安西こずえ
雑誌、CM、カタログで独自の世界観を見せるスタイリスト。30代女性からの支持も厚い。

 

 

れいなが作る「菌活」きのこレシピ

ブナシメジのコンソメスープ ※1人分

フライパンにオリーブオイルを熱し、石づきを切って、小分けにしたブナシメジ1/4パック、薄切りにしたタマネギ小1/4個を炒める。火が通ったら、水300mL、固形コンソメスープ1個を加え、2~3分煮てからパセリ適宜をふる。

 

今月の菌活格言

お酒を飲む時、きのこ料理を駆使すれば翌日に残らない体に!

 

浅見さんと安西さんの素敵な関係♪



夏バテやお酒対策など、夏に嬉しい ”きのこで菌活” 情報が満載!

夏バテやお酒対策など、夏に嬉しい ”きのこで菌活” 情報が満載!
  • 今月の菌活レシピ
  • 二日酔いに効くブナシメジのチカラ