きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
きのこで菌活。
Vol1

【美容と健康】をかなえるのは健康な【腸】なんです!

菌活1

少しずつ寒さもやわらぎ、春を感じはじめるこの季節。新年度に向けて「自分磨き」を始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか? トレンドコラムでは、春のファッションについて先取りしていますが、きのこで菌活コラムでも今年の春に注目したい、インナービューティーケアで身体の中からもキレイを目指す方法をお教えします!

 

—————— 教えてくれたひと ——————

onoe

尾上雅子(管理栄養士)

管理栄養士、フードスペシャリスト。
大学卒業後、食品メーカーにて、品質管理・商品企画・販促・広報などの業務に携わる。現在は、フリーランス管理栄養士として予防医療分野で活動中。

 

新しい出会いに向けて「インナービューティーケア」を見直そう!

—— 編集部:新年度のスタートを目前にして「自分磨き」をはじめる人が多いと思います。そこで、注目したいキーワード「インナービューティーケア」についてお話を聞かせてください。「身体の内側からキレイになる」という意味ですが、具体的にはどういうことでしょうか?

—— 尾 上:はい。メイクやスキンケアなど、「外側から」のケアをしている人は多いと思います。それに対して、食事や生活習慣を通じて「身体の内側から」キレイを目指すのが「インナービューティーケア」ということになります。基本は、美と健康を司る「腸」の環境を改善することですね。

—— 編集部:ということは、ポイントは「食物繊維」ですよね!

—— 尾 上:「きのこらぼ」の読者のみなさんには、食物繊維が腸内環境の改善に役立つことはおなじみですね。ご存知のとおり、その主な働きは、腸内環境を整えることにあるんです。食物繊維は近年、5大栄養素、つまりタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルに次ぐ「第6の栄養素」としても注目されているんですよ。

—— 編集部:きのこなどに多く含まれる食物繊維をとり、腸内環境を整えるとどうして「キレイ」につながるのでしょうか?

—— 尾 上:大きく2つの理由があります。食物繊維は、腸内に溜まった老廃物を体外へ排出してくれますよね。ですから、まずは「便秘改善」効果が期待できるんです。便秘が改善するだけでも体重が減ったり、お腹周りがすっきりすることがあります。もうひとつは「美肌」効果です。腸内環境が整うと、肌に必要な栄養をしっかり吸収できますから、美しい肌づくりにもつながるんです。いろいろな化粧品を試したけどなかなか効果が実感できない、お肌の調子がよくないという方は、インナーケアを見直してみるといいかもしれませんね。

—— 編集部:どれくらいで効果が出るものなのでしょうか。

—— 尾 上:たとえば、よく「肌のターンオーバー」と言うように、私たちの身体は日々、少しずつ生まれ変わっています。肌の細胞が生まれ変わる周期は、約28日。ですから、インナービューティーケアは、早めの対策が望ましいんです。

 

きのこ×旬の野菜で叶える「身体の中からキレイ」

菌活1

—— 編集部:ところで、食物繊維はどれくらい摂ると効果的なのでしょうか?

—— 尾 上:女性は18g以上、男性は20g以上が推奨されています。(※「日本人の食事摂取基準」(2015年版))しかし、食事のたびに食物繊維の量を量るわけにもいきませんから、毎日きのこを食べる、野菜を食べるという意識づけが大切です。食物繊維は現代人に不足しがちなので、エリンギをはじめとするきのこ類を毎日食べるのは、インナービューティーケアのためにとてもいいことですよ。

—— 編集部:なるほど。インナービューティーケアの効果が上がるような「食べ合わせ」があれば教えてください。

—— 尾 上:食物繊維について言えば、便の量を増やしたり、腸を刺激して便を出しやすくする「不溶性食物繊維」と、便を柔らかくして排出しやすくする「水溶性食物繊維」をバランスよく摂ると、便秘改善や腸内のデトックス効果がさらに高まりますよ。きのこは不溶性食物繊維が多いので、水溶性食物繊維の多い海草や果物と合わせると良いでしょう。また、「旬の野菜」と合わせるのもオススメです。

—— 編集部:この時期ですと、そら豆やアスパラガスなどの春野菜でしょうか。

—— 尾 上:そうですね。旬の野菜は、言い換えれば最適な条件で育っているので、ただおいしいというだけではなく栄養価も高いんです。たとえば「おすすめレシピ」で紹介している、スナップえんどうと合わせたサラダ。スナップえんどうは食物繊維に加えて、肌の健康を保つために必要なビタミンCも豊富なんですよ。
また、ソースに使用している梅干しには、代謝を上げる効果があるクエン酸が含まれていますし、マヨネーズだけでなくヨーグルトを使用することでカロリーダウンにもつながります。腸内環境を整えて身体の中からキレイを目指すダイエットにぴったりですね。お好みで、ほかの春野菜も加えて楽しんでくださいね!

 

おすすめレシピ

きのこと旬の春野菜をシンプルに!食物繊維で腸内環境を整えましょう。

 

【次週は「“きのこで菌活ダイエット”で、無理なくきれいに痩せよう」をお届けします。】

なるほど!と思ったらログインしてクリック

やっぱりおすすめ!きのこで菌活。

  • 花粉症対策!
  • 免疫力アップ
  • 美肌
  • スタイルアップ
  • 腸内環境改善
  • 風邪に負けない