きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
きのこで菌活。
Vol4

美味しく食べて肌の老化防止や小顔をゲット!秘伝のコツを伝授

菌活1
毎日の食事こそが私たちの身体を作る基本。何をどう食べるかによって身体や肌の状態は大きく変わってきます。つまり“食べること=健康と美を作ること”と言っても過言ではありません。今週のトレンドコラムでは、女性がイキイキと”働くこと”についてご紹介していますが、「きのこで菌活。」では、食事を美味しく、楽しんでこそ得られる効果について、管理栄養士の魚住理恵先生が教えてくださいました。

 

—————— 教えてくれたひと ——————

SYOKUYOJO LABO・管理栄養士 魚住理恵

魚住理恵 (SYOKUYOJO LABO・管理栄養士)

福祉施設での治療食献立作成や専門学校等の講師、生活習慣病予防のための特定保健指導や妊産婦、乳幼児の栄養相談を経て食養生ラボを設立。食事カウンセリングのほか栄養監修、コラム執筆、食育活動など幅広く活躍し、スポーツクラブやエステサロンなどのサポートにも尽力。「カラダを変えるにはカラダを作る食事から」をコンセプトに食の大切さを幅広い世代へ向けて発信する。

 

健康と美のカギは“食べ順番と噛む回数”

—— 編集部:女性に欠かせない健康にはきのこが効果的ということを3週にわたってお教えいただきましたが、その効果をパワーアップさせるコツはあるのでしょうか?

—— 魚 住:ズバリ食べる順番と噛む回数です。そしてココでもきのこが活躍するんです。食物繊維の多いきのこ類を最初に食べることで血糖値の上昇が抑えられるのは先週にもお話させていただきましたが、理想を言えば野菜やきのこといった食物繊維の多いものを食べてから、タンパク質などの他のおかずを食べるまでに約5分おくのがベスト。とはいえ日常の食事でそれを実行するとなると少し難しいですよね。そこでたくさん噛むことが重要になってきます。もともときのこ類は食物繊維が多いためよく噛むべき食材なのですが、噛むことで満腹感が得られ食べ過ぎを防ぐことができます。

—— 編集部:なるほど。食べ方が重要なんですね。そして、きのこを食事に取り入れることで、食べ方も理想に近づけられるとは、うれしいです。

—— 魚 住:はい、よく噛むことで唾液の分泌量が増えて口腔内での消化が促されるため、胃腸に負担がかかりにくくなります。しかも唾液にはパロチンというホルモンが含まれていて、皮膚の新陳代謝を活発にする作用があり、肌の老化防止にも繋がるメリットも。唾液が多くなれば虫歯や歯周病予防にもなり、顔の筋肉が鍛えられて小顔効果やタルミの防止、むくみの改善、さらにはほうれい線の予防にもなるのです。

—— 編集部:噛むことでそんな効果まであるなんて驚きです!

—— 魚 住:もっとありますよ。噛むことで身体の緊張を和らげストレス解消に役立つため、ストレスが一因となっている糖尿病の予防にも効果的。もちろん脳の活性化にもなるなど、よく噛むことで普通に食べる何倍もの効果が得られます。

—— 編集部:なるほど、噛むことがどれほど大切なのかわかりました。

—— 魚 住:一人で食事をしているとついスマホやテレビを見ながらの「ながら食べ」になり、食事から意識が外れてしまいがち。ちゃんと噛むコツは噛む回数を意識するのはもちろんですが、毎回料理と向き合って食事するという行為自体を楽しむことが一番の近道です。きのこに限らず食事はよく噛んで味わい、楽しむことが“食べて健康、食べて美しく”の秘訣なんです。

 

常備菜や冷凍保存で、いつでも”食卓にきのこ”を心がけよう

マイタケ

—— 編集部:きのこのさまざまな栄養について伺いましたが、毎日の食事にきのこを取り入れやすくする工夫は何かありますか?

—— 魚 住:きのこはできれば毎日食べていただきたいので、佃煮やマリネ、オイル漬けなどの常備菜を作っておくのもオススメです。また、きのこの常備菜は調味料代わりに使えるものも豊富で、例えば『味噌きのこ』『霜降りひらたけの塩きのこ』、エリンギの食感がたまらない『酢きのこ』などがあります。

—— 編集部:きのこの常備菜や常備菜のアレンジレシピはきのこらぼにも多く載っていますよね。

—— 魚 住:はい、そうですね。ちょうど今の季節なら、栄養たっぷりでカルシウムも豊富に含む豆乳鍋などを汁ごと一緒にいただくというのも良いかもしれません。また、きのこが苦手な人はカレーなどの味や香りが強いものに入れると食べやすくなります。きのこは冷凍しても栄養分があまり変わらないため、何種類かのきのこをすぐに使えるようにカットして冷凍保存しておくと便利です。使う際に解凍すると水分とうま味が出てしまうので凍ったままで使うのもポイントですよ。

—— 編集部:おいしい秋の味覚も充実してきましたしね。

—— 魚 住:旬を迎える食材を使うのも食事を楽しむ大事な要素です。きのこにはエネルギー代謝を高める栄養素が豊富ですし、秋の味覚には健康的な身体を作る良質なたんぱく質が豊富なものも多いです。この機会に、たっぷり食べられ、内側から健康で美しくなるきのこ料理に、ぜひチャンレンジしてみてくださいね。

 

おすすめレシピ

旬のかぼちゃでハロウィンパーティーにもぴったりな一品です! きのこに豊富なビタミンB群が美肌に効果的♪

 

なるほど!と思ったらログインしてクリック

やっぱりおすすめ!きのこで菌活。

  • 美肌
  • 腸内環境改善
  • アルコール対策
  • ストレスオフ
  • 花粉症対策!
  • スタイルアップ