きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる
きのこで菌活。
Vol3

カリウムでむくみ解消、代謝アップでカラダ燃焼。 きのこを食べて、美ボディを実現。

菌活1

だんだん気温も上がってきましたね。身も心も活動的になる3月の「きのこで菌活。」コラムは、ダイエットやデトックスをテーマに、管理栄養士の望月理恵子さんにお話をうかがっています。今週のトレンドコラムでは、新生活に積極的に取り入れていきたい、機能性文房具についてお伝えしていますが、「きのこで菌活」コラムでは、季節の変わり目に特に気になる「むくみ」の解消方法について教えていただきました。望月さんいわく、「むくんでしまうのは、体内の水分バランスが乱れている証拠」なのだそう。気になるむくみを改善する食生活とは?

 

—————— 教えてくれたひと ——————

望月理恵子

望月理恵子(管理栄養士)

美食栄養研究家。「楽しい食」をテーマに、クリニックでの栄養カウンセリングや、大学・専門学校での栄養学の講師、ヨガ教室の開催、コラム執筆やレシピ開発など多岐に渡って活動中。得意なジャンルはアンチエイジング、メタボ、ダイエット、美容、食育など。健康検定を行う株式会社Luceの代表も務める。http://ameblo.jp/mochizukiriekolife/

 

「むくみ」のメカニズムを解明!水分不足も水分過多もむくみの原因に!?

—— 編集部:これまで、2週にわたって、主にきのこのダイエット効果や、痩せるための食生活についてうかがってきました。季節の変わり目は特に「むくみ」に悩んでいる女性も多いと思うんです。

—— 望 月:むくみ、気になりますよね。靴が締め付けられるような感じにもなりますし、何より、わずかでも脚が太く見えてしまうというのは、女性の心理を考えると気になるのはよくわかります。指で押すとしばらくその跡が残って、肌のハリや弾力も減ったように感じられますしね。

—— 編集部:そもそも、どうしてむくんでしまうんでしょうか?

—— 望 月:むくみの大きな原因は、血流が悪くなって脚に水分が溜ってしまうことですね。むくみに悩んでいる人は、立ち仕事をしていたり、1日中デスクワークをしているという人が多いと思います。長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなるので、むくみやすいんです。

—— 編集部:血流が関係しているんですか?

—— 望 月:はい。血液は、心臓がポンプのような働きをすることによって、動脈を通して水分や栄養分を身体のすみずみまで運んでいます。同時に、体内で不要となった水分が、静脈やリンパ管を通って再び体内を循環するんです。下半身においてポンプの役割を果たすのがふくらはぎの筋肉ですが、筋力が弱かったり、筋肉の動きが悪いと静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、戻ってくるべき水分が溜まってしまうんです。

—— 編集部:なるほど。では、水分を控えるようにすれば、むくみづらくなるのでしょうか?

—— 望 月:いえ、水分不足もむくみを引き起こすことがあります。体内の水分が不足すると、身体は体外への排出を減らすために、必要な水分を体内へ溜め込もうとするんです。日頃から水分が不足しがちな人は、血流や新陳代謝が鈍って、慢性的にむくんでしまうこともあります。水分の摂り過ぎで一時的にむくみが生じることはありますが、摂らなければ摂らないで、むくみが生じやすくなってしまうんです。

—— 編集部:摂りすぎてもダメ、摂らなくてもダメなんですね……。

—— 望 月:水分は一度に大量に摂らずに、こまめに補給するといいですよ。また合わせて気をつけたいのが、塩分過多です。塩分が多い食生活を続けていると、身体は体内の塩分濃度を下げるために水分を多く取り込もうとして、結果、むくみとなって表れるんです。

 

きのこの美容効果はたくさん!むくみ解消にもきのこをどうぞ。

ブナピー
—— 編集部:むくみの原因は、水分よりも塩分が問題なんですね。

—— 望 月:そのとおりです。ですから、塩分を控えた食生活はむくみ対策としても大切ですね。

—— 編集部:でも、歓送迎会の季節ですし、外食が多かったりすると、塩分を控えるのはなかなか難しいです。

—— 望 月:塩分を積極的に排出するのも、むくみを解消するひとつの手です。きのこに豊富に含まれている栄養素のひとつに「カリウム」がありますが、カリウムは、体内に増えすぎた塩分の排出を促して、水分量のバランスを一定に保ってくれるんです。ですから、むくみ解消にきのこはおすすめの食材なんです。

—— 編集部:ダイエットだけでなく、むくみも解消してくれるとは、きのこは万能ですね。
「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンB群も豊富ですし、エリンギには中性脂肪の吸収を抑制する効果もあると聞きました。

—— 望 月:はい。「高脂肪食」と「高脂肪食+エリンギ抽出物」を食べてそれぞれ体内の中性脂肪を測定したら、エリンギ抽出物を食べたほうが中性脂肪の吸収が穏やかになったという実験結果があります。

—— 編集部:きのこにはうま味も豊富なので、料理に入れることでうま味アップと脂肪の吸収抑制の両方が叶うのは嬉しいですね。エリンギを使ったおすすめの美容メニューはありますか?

—— 望 月:きのこと野菜のピクルスはいかがですか? お酢ときのこの食物繊維が腸を刺激してくれるだけでなく、野菜も一緒に摂ることでビタミン類を補うことができる、手軽につくれて保存も効くメニューです。ダイエット中の方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

—— 編集部:瓶やタッパーに入れればお花見メニューにも良さそう! エリンギも入っていて、ダイエットにもいいですね。きのこには、まだまだ知られざる美容効果がありそうです!

 

おすすめレシピ

きのこのカリウムでむくみ解消&腸内環境改善でダイエットにピッタリ! 見た目も鮮やかで食卓に嬉しい一品♪

なるほど!と思ったらログインしてクリック

やっぱりおすすめ!きのこで菌活。

  • 花粉症対策!
  • 免疫力アップ
  • 美肌
  • スタイルアップ
  • 腸内環境改善
  • 風邪に負けない