きのこらぼ
きのこらぼ 
twitter facebook 閉じる
閉じる

つきぢ田村三代目 田村 隆さんが「本当においしい!」と絶賛した、「霜降りひらたけ」を使った甘辛タレカツ丼。ジューシーな霜降りひらたけのタレカツには、玉ねぎの甘さがよく合い、あと引く美味しさがクセになる一品です。

材料(4人前)
45分
1人872kcal
霜降りひらたけ > 2パック
玉ねぎ > 大玉1個:250g
キャベツ 200g
タレ 酒 1カップ、みりん 1カップ、しょうゆ 1カップ、砂糖大さじ1と1/3、
ウスターソース大さじ1、かつお節10g
揚げ油 適量
小麦粉 適量
2個
生パン粉 適量
ご飯 800g
温泉卵(市販品)
最下部に記載のレシピで手作りも可能。
4個

作り方

霜降りひらたけを食べやすい大きさにほぐす。玉ねぎは繊維にそって薄めのスライスにする。キャベツは千切りにする。
鍋に、酒とみりんを入れ煮切る(5分ほど沸騰させ、アルコールを飛ばす)。そこに、しょうゆ、砂糖、ウスターソース、かつお節を加え少し煮つめたら、火を止めて粗熱をとる。粗熱がとれたら、ソースを茶こしやさらしで濾して鍋に戻す。
※かつお節がなければ、市販のかつおだしでの代用も可能。その場合は濾す必要はありません。
熱したフライパンにサラダ油を敷き、玉ねぎを入れ、塩少々(分量外)を振り、炒める。キャベツは皿に乗せて、ラップはかけずに電子レンジ(600w)で1分加熱する。
霜降りひらたけに、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけ、油で揚げてフライを作る。
揚げた霜降りひらたけが熱々のうちに(3)の鍋に入れ、タレを絡ませて器にとっておく。
丼にご飯、玉ねぎ、キャベツの順に盛りタレを軽くまわしかける、霜降りひらたけのフライを並べ、真ん中に温泉卵を落として完成。
【手作り温泉卵でもっとおいしい!】温泉卵の作り方
【材料】玉子 4個
1,たまごは常温に戻しておく。
2.鍋にお湯を沸かし、温度計でお湯の温度を計り、58度を目安に調整する。のお湯に、常温のたまごを25分入れておく。
3.鍋をごく弱火にかけ、お湯の温度を58度に保ちながら、たまごを25分入れておく。
4.25分経ったら完成!

その他の特選レシピ

ブナピーとたたきオクラの酢和え きのこと賀茂茄子の“大満足”そうめん