ウォータースタンドのチャイルドロックの安全性!子供が簡単に解除できない仕組みなのか徹底検証!

ウォータースタンド(WATER STAND)は、約93℃のお湯を抽出できるので、小さいお子さんが操作して火傷しないか心配ですよね。

温水機能があるウォータースタンドには、全機種に「チャイルドロック機能」が搭載されています。

チャイルドロック機能を「ON(オン)」に設定しておけば、ウォータースタンドの「レバー」や「ボタン」を押しても、温水が出てくる心配はありません。

エコたろう
エコたろう
ちょっと目を離した瞬間に、お子さんが間違って操作しても安心です。

なので、ウォータースタンドは、小さなお子さんやご高齢者のいるご家庭でも、安心して使うことが出来ますね!

▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎

ウォーターサーバーチャイルドロックの事故防止対策

経済産業省は「平成19年~平成25年」に起きた、ウォーターサーバーの温水蛇口(温水レバー)による事故をもとに、事故防止策を示すなどリスクアセスメ ントにおける提言をしています。

エコたろう
エコたろう
ここで言う「リスクアセスメント」とは、ウォーターサーバーを使う上で、どのような危険性があるかを特定し、出来る限りその危険が及ばないような安全対策を検討することです。

ウォーターサーバーによる事故は、お子さんの年齢が「1歳くらい」の時に、多く起きているといった調査結果が出ています。

なので、1歳未満〜3歳くらいのお子さんがいるご家庭では、チャイルドロック機能があるウォーターサーバーを使うのが望ましいでしょう。

また、ウォーターサーバーにチャイルドロック機能が付いていても、1歳未満〜3歳くらいのお子さんが「簡単に解除できてしまう」ようなものはよくありませんので、ウォータースタンドのように安心できるものを設置するのがおすすめです。

▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎

ウォータースタンドのチャイルドロック機能の安全性

実際、ウォータースタンド(WATER STAND)のチャイルドロック機能が、どのくらい安全なのか気になるところですよね。

MEMO
温水機能があるウォータースタンドは、操作方法として「レバー式」と「タッチ式」の2種類があります。

どちらのタイプでも、チャイルドロック機能としては安全ですが、具体的にどう違うのか詳しく解説していきましょう!

ナノラピアネオのチャイルドロック機能

ナノラピアネオのチャイルドロック機能

「レバー式」のウォータースタンドで温水を抽出するには、温水安全ボタンを押して「チャイルドロックを解除」してからでないと、温水が抽出されることはありません。

温水安全ボタンを押して、温水レバーを押すとお湯が出てくる「2段階方式」なので、間違って操作しても簡単に温水が出てこない仕組みになっています。

ガーディアンのチャイルドロック解除方法

ガーディアンのチャイルドロック解除方法

「タッチ式」の場合、チャイルドロックを解除するには、特定のボタンを数秒間長押ししないと解除することができないようになっています。

注意
ガーディアンは、温度設定ボタンを「3秒以上長押し」しないと解除できません。
エコたろう
エコたろう
レバー式、タッチ式どちらも安全ですが、タッチ式の方がより危険性が少ない感じがします。

なので、1歳未満〜3歳くらいのお子さんが、興味本位でウォータースタンドを操作しても、チャイルドロックを解除して温水を出してしまうような危険はほぼありません。

▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎

ウォータースタンド機種別チャイルドロック設定方法

ウォータースタンド(WATER STAND)で温水機能がある機種ごとに、チャイルドロックの設定と解除の方法について解説していきましょう!

レバー式チャイルドロック

ウォータースタンドで「温水機能+レバー式」は、

  • ナノラピアネオ
  • プレミアムラピアS2
  • プレミアムラピアL2

といった3機種です。

ナノラピアネオ

ナノラピアネオのチャイルドロックは、最初から設定されている状態です。

ナノラピアネオで温水を抽出するには、

ネオの設定方法
  1. ナノラピアネオの「温水安全ボタン」を押します。
  2. ナノラピアネオの「チャイルドロック」が解除されます。
  3. ナノラピアネオの「温水レバー」を押して抽出します。

というような流れで行います。

ナノラピアネオのチャイルドロック機能

ナノラピアネオのチャイルドロック機能

温水を抽出するには、温水安全ボタンを押して「チャイルドロックを解除」しなければ、温水レバーを押し込んでもお湯が出てくることはないので安心ですね。

▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎

プレミアムラピアS2

プレミアムラピアS2で温水を抽出するには、

S2の設定方法
  1. プレミアムラピアS2の「温水安全ボタン」を押します。
  2. プレミアムラピアS2の「チャイルドロック」が解除されます。
  3. プレミアムラピアS2の「温水レバー」を押して抽出します。

というような流れで行います。

プレミアムラピアS2は「レバー式」で、温水安全ボタンがあるタイプなので、ナノラピアネオと同じように「チャイルドロック解除」してから、レバーを押して温水を抽出します。

プレミアムラピアL2

プレミアムラピアL2で温水を抽出するには、

L2の設定方法
  1. プレミアムラピアL2の「温水レバー」を押し込んだ状態にします。
  2. プレミアムラピアS2の「温水安全ボタン」を押します。
  3. プレミアムラピアL2の「チャイルドロック」が解除されて温水が抽出されます。

というような流れで行います。

プレミアムラピアL2も「レバー式」ですが、温水の抽出方法が「ナノラピアネオ」や「プレミアムラピアS2」と操作の手順が違います。

ですが、温水抽出の手順が違っているだけで、やっていることは同じなので、どちらの操作方法で行っても問題はありません。

タッチ式チャイルドロック

ウォータースタンドで「温水機能+タッチ式」は、

  • ナノラピアガーディアン
  • プレミアムラピアステラ
  • ROスタンド

といった3機種です。

ナノラピアガーディアン

ナノラピアガーディアンの温水ロック機能をオンにするには、温水選択ボタンを「5秒間長押し」すると、温水機能が使えなくなります。

ナノラピアガーディアンで温水を抽出するには、

ガーディアンの設定方法
  1. ガーディアンの「温水選択ボタン」を3秒間長押しします。
  2. ガーディアンの「チャイルドロック」が解除されます。
  3. ガーディアンの「抽出ボタン」を押して抽出します。

というような流れで行います。

また、ガーディアンで温水を抽出する場合、温水選択ボタンを押して「約7秒間」操作しないと、自動的に冷水モードに切り替わってくれるのも、安心材料のひとつとなっています。

エコたろう
エコたろう
チャイルドロックを忘れていても、温水が出てしまうリスクはかなり低いですね。

ガーディアンのチャイルドロック機能がオンになっていれば、お子さんが温水選択ボタンを3秒間押し続けて、チャイルドロックを解除することは、ほぼあり得ないと言えます。

▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎

プレミアムラピアステラ

プレミアムラピアステラには「温水ロック機能」と「オールロック機能」の2種類があります。

温水ロックによるチャイルドロック

プレミアムラピアステラの温水ロック機能をオンにするには、温水ロックボタンを「3秒間長押し」すると、温水機能が使えなくなります。

プレミアムラピアステラで温水を抽出するには、

ステラの設定方法
  1. ステラの「温水ロックボタン」を3秒間長押しします。
  2. ステラの「チャイルドロック」が解除されます。
  3. ステラの「抽出ボタン」を押して抽出します。

というような流れで行います。

ステラのチャイルドロックは、温水ロックするためのボタンを3秒間長押ししないと解除出来ませんので、お子さんが操作して温水を出してしまう可能性は限りなくゼロに近いですね。

オールロックによるチャイルドロック

プレミアムラピアステラは、温水ロック機能だけでなく、全ての機能を使えなくする「オールロック(全体ロック)機能」も搭載されています。

「温水ロックボタン」と「常温水ボタン」を同時に「3秒間長押し」すると、プレミアムラピアステラの全機能が使えなくなります(解除する時も同じ操作)。

オールロック機能は、プレミアムラピアステラを掃除する時に、間違ってタッチしてお水が抽出されないための機能なんですが、小さなお子さんがいるご家庭では「チャイルドロック機能」としても活用できますね。

エコたろう
エコたろう
誤操作による火傷などの事故を防ぐには、プレミアムラピアステラの「オールロック機能」が最も安全だと感じています。
▶︎[公式]ステラの申込はこちら↗︎

ROスタンド

ROスタンドの温水ロック機能をオンにするには、温水ロックボタンを「2秒以上長押し」すると、温水機能が使えなくなります。

ROスタンドで温水を抽出するには、

ROスタンドの設定方法
  1. ROスタンドの「温水ロックボタン」を2秒以上長押しします。
  2. ROスタンドの「チャイルドロック」が解除されます。
  3. ROスタンドの「抽出ボタン」を押して抽出します。

というような流れで行います。

ROスタンドはチャイルドロック機能で安全性がありますが、他の機種に比べて高さがあって、小さなお子さんの手が届きにくいですから、火傷などのリスクもかなり低いですね。

ウォータースタンドのチャイルドロック以外にできる安全対策

ウォータースタンド(WATER STAND)のチャイルドロック機能は、火傷など事故防止のための十分な機能だと思いますが、100%安全を保証するものではありません。

もし、チャイルドロック機能をオフにしていたら、温水を出してしまう可能性もないとは言い切れませんよね。

なので、ウォータースタンドのチャイルドロック機能だけに頼るのではなく、出来るだけ手の届かない場所(キッチン台など)に設置しておくと安心です。

ウォータースタンドの設置場所を、ちょっと工夫するだけで、お子さんの安全を守ることができます。

もちろん、使いやすい場所に設置するのが理想的ですが、加えてお子さんの安全を考えて設置すると、よりウォータースタンドのある生活が楽しいものになりますね!

▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎

まとめ(ウォータースタンドチャイルドロック安全性)

ウォータースタンド(WATER STAND)チャイルドロック機能の安全性について解説してきました。

ウォータースタンドで温水を抽出できる全機種に「チャイルドロック機能」が付いていますので、小さなお子さんが操作しても簡単に解除できないよう設計されています。

以前に、経済産業省による「ウォーターサーバーによる事故」の調査やリスクアセスメントの提言により、チャイルドロック機能はより安全性を求められています。

ウォータースタンドは、そういった実情を踏まえ、小さなお子さんが火傷などのリスクがないよう、チャイルドロック機能を付けていますから、どの機種を選んでも問題ありません。

ただ、ウォータースタンドの中で、最もチャイルドロック機能として安全だと感じたのは「プレミアムラピアステラ」です。

プレミアムラピアステラは「温水ロックボタン」と「常温水ボタン」を「同時に3秒間長押し」しないと、チャイルドロック機能を解除できないので、他の機種よりも安全性が高くなっています。

なので、チャイルドロック機能を重要視するのであれば、プレミアムラピアステラがおすすめですね!