ウォータースタンドは塩素(カルキ )除去できる?濃度は?水道水が安心して飲める水になるのか検証!

水道水は、塩素によるカルキ臭が気になって飲めないから、ミネラルウォーターを買っている人も多いですよね。

この記事でわかること

  • ウォータースタンドで抽出した水の塩素濃度を測定
  • ウォータースタンドが除去する塩素の役割
  • ウォータースタンドの塩素を含まない水の安全性

ウォータースタンド(WATER STAND)は、水道水に含まれる塩素をすべて取り除いてくれますし、嫌なカルキ臭もなくなるので、おいしくお水を飲むことができます。

エコたろう
ミネラルウォーターを買わなくなりましたし、すぐにお湯が使えるのでコーヒーや紅茶を飲む頻度が増えましたね。

ウォータースタンドの中でも人気がある「ナノラピアネオ」なら、1週間無料お試しキャンペーン期間中なので、実際にお水を飲んで味わってみるのがおすすめです‼︎

ウォータースタンドで抽出した水の塩素濃度を測定

ウォータースタンド(WATER STAND)で抽出したお水の「塩素(カルキ)濃度」がどれくらいなのか検証するために、水質検査試験紙を用意しました。

塩素濃度検査の試験紙

塩素濃度を検査するのに使ったのは「日産アクアチェックLC」の遊離残留塩素(mg/L)が分かる試験紙です。

「日産アクアチェックLC」の遊離残留塩素試験紙
「日産アクアチェックLC」の遊離残留塩素試験紙
エコたろう
mg/L(ミリグラムパ-リットル)は、汚濁物質の含有量をあらわす単位のことです。
遊離残留塩素試験紙はリトマス試験紙のような感じ
遊離残留塩素試験紙はリトマス試験紙のような感じ

小学生の頃、理科の実験で使ったことがある「リトマス試験紙」とほぼ同じ要領なので、使い方も結果を確認するのも簡単です。

水道水に含まれる塩素濃度

まず、うちの水道水がどのくらいの塩素濃度なのか、蛇口から出てくるお水に「塩素濃度試験紙」を直接濡らして測定してみたんですけど、あっという間に塩素濃度試験紙が変色しました。

水道水の塩素濃度を測定する様子
水道水の塩素濃度を測定する様子

塩素濃度試験紙の入れ物に記載されている「色調表」と比較してみると、塩素濃度が「0.5〜0.7(mg/L)」くらいの紫色に変色していたので、うちの水道水には結構塩素が含まれているってことですね。

水道水の塩素濃度は約0.6mg/L
水道水の塩素濃度は約0.6mg/L

ちなみに、うちの地域の公式ホームページをみると、残留塩素は約0.6mg/Lと記載があったので、塩素濃度試験紙が正しく測定できるということも分かりました。

ろ過したお水の塩素濃度

ウォータースタンドで抽出したお水が入ったコップに「塩素濃度試験紙」を約20秒ほど浸してみましたが、色が変色することはありません。

ウォータースタンドのお水に塩素濃度試験紙を使う様子
ウォータースタンドのお水に塩素濃度試験紙を使う様子

また、水道水と同じように、ウォータースタンドの抽出口から出てくるお水に直接「塩素濃度試験紙」を濡らしてみたりもしましたが、同じように変色せず白いままでした!

エコたろう
塩素濃度試験紙が白のままということは塩素濃度ゼロということです。
ウォータースタンドのお水は塩素濃度ゼロ
ウォータースタンドのお水は塩素濃度ゼロ

うちは、ウォータースタンド「ナノラピアガーディアン」を使っているので、水道水をろ過しているフィルターは「ナノトラップフィルター」です。

なので、ナノトラップフィルターを使っている「ナノラピアネオ」や「ナノラピアトリニティ」といった機種でも、同じように塩素をキレイに除去できるので「塩素濃度は0(ゼロ)」という結果になるので、カルキ臭を気にすることなくお水を飲むことが出来ますね!

ウォータースタンドが除去する塩素の役割とは

ウォータースタンド(WATER STAND)が、水道水から除去する「塩素(カルキ)」について解説していきます。

水道水に塩素が含まれる理由

水道水の塩素(カルキ)は殺菌作用があるので、お水に含まれている可能性がある微生物など、体に有害性があるものを撃退する働きがあります。

なので、水道水に塩素が含まれていることで、常に安全性が保たれているということなんです。

水道水の塩素濃度の基準値

では、水道水に含まれる塩素濃度の「基準値」がどれくらいなのか解説していきましょう。

水道法による塩素濃度

水道法によると、一般のご家庭で蛇口からお水が出てくる時点で、残留塩素を「0.1mg/L(ミリグラムパ-リットル)以上」保持していることが定められています。

なので、水道の蛇口から出てくるお水には、最低でも「0.1mg/L以上の塩素」が含まれているということです。

塩素によって水道水のにおいや味に影響が出ないのは、塩素濃度が「0.4mg/L以下」とされているので、水道水を飲むときに塩素(カルキ)臭がするということは、0.5mg/L以上の塩素濃度があることになります。

うちの水道水の塩素濃度は、0.6mg/Lくらいなので、カルキ臭がして飲みにくいんですよね。

一般家庭の水道水塩素濃度

各水道局において、残留塩素を「約0.3~0.6mg/L以下」くらいにするよう取り組まれているので、カルキ臭さえ気にしなければ、毎日水道水を飲んだとしても健康に影響はありません

とはいえ、水道水のカルキ臭がどうしてもダメな方もいるので、水道直結型のウォータースタンドがあれば、塩素の臭いを気にせずおいしいお水を飲めます!

塩素による水道水への影響

水道水が、塩素によって衛生的に保たれているということは分かりますが、一方で、塩素が水道水に悪影響を及ぼしていることがあるんです。

塩素と有機化合物(炭素を含む化合物)がまじわることで「トリハロメタン」を生成してしまいます。

トリハロメタンには、

トリハロメタンの種類

  1. クロロホルム
  2. ブロモジクロロメタン
  3. ジブロモクロロメタン
  4. ブロモホルム

というような種類があります。

トリハロメタン(特にクロロホルム)は、発がん性があるといわれているので、水道水を飲むことを避けている方もいますが、発がん性に関しては「あくまで可能性」です。

しかも、日本の水質基準は厳しく、トリハロメタンが含まれる基準値は「0.06mg/L以下」とされているので、健康に害はないと言えるでしょう。

とはいえ、こういったお水に関する情報を知ってしまうと、どうしても不安になってしまうでしょうから、ウォータースタンドでろ過したキレイなお水を飲みたいという需要が多くなっています。

カルキ臭をなんとかしたいだけなら、ナノラピアメイトがおすすめです。

ナノラピアメイトは、常温水しか抽出できませんが、月々のレンタル料が2,728円(税込)と安いので、水道水をおいしく飲みたい方にとって最適な機種です!

ウォータースタンドで塩素を除去した水の安全性(衛生面)

ウォータースタンド(WATER STAND)が除去する塩素(カルキ)には、水道水を衛生的に保つために含まれているので、塩素を除去した後「しばらくすると菌が繁殖してしまうんじゃないか?」って気になりますよね。

ウォータースタンドで抽出するお水は、塩素もトリハロメタンもすべて除去することができるので、とても新鮮で衛生的です。

ですが、塩素(カルキ)が含まれている水道水を、ウォータースタンドでろ過したら、除菌作用がなくなってしまうので、長期間保存しておくと菌が繁殖する可能性があります。

エコたろう
ウォータースタンドのお水は、常温保存で3日、冷蔵保存で1週間以内が安全な保存期間となっています。

なので、ウォータースタンドのお水は衛生的ですが、なるべく早めに飲んだり、料理に使うことが安全ですので、空いたペットボトルにお水を汲んで保存する場合は、1週間以内に使い切りましょう。

まとめ(ウォータースタンドの塩素(カルキ)除去)

ウォータースタンド(WATER STAND)が塩素(カルキ)を除去することについて解説してきました。

ウォータースタンドは、どの機種でも塩素を除去することができますので、カルキ臭は全くなくなりますし、新鮮な状態でお水を飲むことができます。

また、塩素によって生成される「トリハロメタン」もすべて除去できるので、ウォータースタンドで抽出したお水は衛生的で安全なお水になります。

なので、水道水の塩素(カルキ)臭いが苦手な方は、水道直結で水道水が使い放題のウォータースタンドがおすすめです!

ウォータースタンドはとても人気があって、申込んでもすぐに設置できないくらい待つ可能性があるので、1日も早くウォータースタンドのある生活をスタートさせるためにも今すぐ申し込みましょう‼︎