ウォータースタンド

ウォータースタンドガーディアンデメリット3選!ネットの悪い口コミや評判は本当なのか徹底検証!

ウォータースタンド(WATER STAND)公式HP人気No.1機種は「ナノラピアガーディアン」ですが、そんなナノラピアガーディアンにも、いくつかのデメリットがあります。

ナノラピアガーディアンの口コミ・評判は、

デメリット

  • 温水抽出に時間がかかる(連続抽出できない)。
  • 月々のレンタル料が高い。
  • 停電時は全ての機能が使えない。

といった3つが「デメリット」として多くみられます。

ですが、ナノラピアガーディアンには、デメリット以上に「コンパクトサイズ」、「電気代月々約150円」といったメリットがあるので、多くの方が使われています。

私も、ナノラピアガーディアンを使っていますが、あまりデメリットを感じることなく毎日使っていますし、今となっては「生活に欠かせない存在」となっています!

ウォータースタンドはとても人気があって(特にガーディアンは大人気です)、申し込みしてもすぐに設置できない可能性があるので、早めに申し込みするのがおすすめですね‼︎

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

では、ナノラピアガーディアンの「悪い口コミ・評判」が、耐えられないほどのデメリットなのか、ひとつずつ詳しく解説していきますね!

 

ウォータースタンドガーディアン3つのデメリットとは

ウォータースタンド(WATER STAND)ナノラピアガーディアンの口コミ・評判で多い「3つのデメリット」について解説していきましょう。

 

ガーディアンの温水機能

ガーディアンは「瞬間例温水システム」を搭載したことで、本体内に冷水・温水のタンクが必要なくなり、その分コンパクトサイズとなっています。

ですが、この瞬間冷温水システムによって、温水を抽出するための機能が、タンク式の機種よりもやや劣っています

 

瞬間冷温水システムの温水仕様

まず、ナノラピアガーディアンの瞬間冷温水システムによる温水の仕様を解説しておきましょう。

※準備時間を含んだ抽出時間

温水温度
温水
抽出量
温水
抽出時間
高(約93℃) 120ml 約29秒
180ml 抽出
できません
300ml 抽出
できません
中(約85℃) 120ml 約21秒
180ml 約38秒
300ml 約60秒
低(約75℃) 120ml 約18秒
180ml 約30秒
300ml 約50秒

ナノラピアガーディアンで温水を抽出するには「温度(高・中・低)」と「抽出量(120ml・180ml・300ml)」を選びます。

温水の温度と抽出量を設定して抽出ボタンを押すと、ガーディアンの瞬間冷温水システムが作動して、温水を抽出するための準備が始まります。

瞬間冷温水システムの準備が終わると、ガーディアンの抽出口から温水が出てくるイメージです。

 

温水の抽出に時間がかかる

ナノラピアガーディアンの「温水仕様表」を見ても分かるように、温水を抽出する時に時間がかかってしまいます

温水仕様の表は、ガーディアンで「最初に温水を抽出する時」の時間を表したものなので、毎回温水を抽出する度にこれだけ抽出時間がかかる訳ではありません。

エコたろう
エコたろう
2回目以降は準備時間がかかりませんが、長時間使わないと再度準備時間がかかります。

ウォータースタンドが「タンク式」の機種なら、レバーやボタンを押せば、すぐに温水を抽出することができますが、ガーディアンで温水を抽出すると時間がかかるので、デメリットと感じてしまう方が多いようです。

ですが、もう一度よ〜く考えてみましょう!

お水をガスコンロやIHで沸かす時間を考えたら、ガーディアンの方がずっと早く温水を使えますよね。

ガーディアンを使ってみて感じたんですけど、個人的には「数十秒待つだけでお湯が使えるんだから、デメリットというほどのことでもない」と思います‼︎

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

温水の連続抽出が出来ない

ナノラピアガーディアンは、温水の「連続抽出」ができません

ガーディアンは、高温(約93℃)の温水が「最大120ml(ミリリットル)」、中(約85℃)・低(約75℃)の温度だとしても「最大300ml(ミリリットル)」までしか抽出できないんです。

なので、ガーディアンは、温水を使って「カップ麺を作る」というようなシーンにあまり向いていません・・・

と、言いたいところですが、温水の抽出ボタンを2回、3回連続して押せば、約10秒くらいで再抽出できますので、お湯を継ぎ足すことも出来ます。

ガーディアンでカップ麺を作る様子

ガーディアンでカップ麺を作る様子

エコたろう
エコたろう
ちなみに、私は、ガーディアンの温水ボタンを連続して約3〜4回押して、カップ麺作って食べてます!

 

ガーディアンのレンタル料が高め

機種名
通常プラン
(税別)
長得プラン
(税別)
電気代
抽出できる
お水 

ガーディアン
4,480円 4,000円 約150円

ネオ
3,980円 3,500円 約859円

トリニティ
約500円

※電気代は最も高い場合を想定しています。

ナノラピアシリーズの「ネオ」や「トリニティ」と、レンタル料を比較してみると、月々500円(年間6,000円)の違いがあるので、料金が高いと感じてしまう方が多いようです。

ですが、この3機種には、レンタル料とは別に「電気代」がかかってきます。

ガーディアンの電気代は「月々約150円」なので、レンタル料と合算しても「約4,630円」ですが、ネオは電気代を含めると「約4,839円」、トリニティは「約4,480円」となるんです。

エコたろう
エコたろう
トリニティは温水を抽出することが出来ません

数字として見えるレンタル料に注目しがちですが、電気代のことも考えると、ガーディアンの月々の料金はそれほど高くないことが分かりますね。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ガーディアンは停電時に使えない

ナノラピアガーディアンは、災害などで停電してしまうと全ての機能が一切使えなくなってしまいます

ウォータースタンドの口コミ・評判には「ウォータースタンドは停電すると使えない」と書かれているのを見かけたりしますが、実際はそうではありません。

ガーディアンに関しては使うことが出来ませんが、ネオやトリニティといった「レバー式+タンク式の機種」であれば、停電したとしてもお水を抽出することが出来ます。

エコたろう
エコたろう
タッチ式の機種だと電力が必要なので、タンク式でも使えません。

ただ、電気が使えないので、冷水・温水の温度を保つことは出来ませんが、お水の質に変わりはないので、タンク内に貯水されているお水は普通に使うことが出来ます。

なので、ガーディアン「3つのデメリット」のうち、唯一「停電時に使えない」ということは、デメリットと捉えなければいけないかもしれません。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンドガーディアンを使って感じたデメリット

ウォータースタンド(WATER STAND)ナノラピアガーディアンを、実際に使ってみて感じたデメリットについて解説していきましょう。

 

流路残水による排水

ナノラピアガーディアンは、ナノトラップフィルターを使っているため、不純物を含んだ廃棄水を発生することはありません。

ですが、ガーディアンは「瞬間冷温水システム」を使って、冷水・温水を作る過程で「流路残水」が発生してしまいます。

エコたろう
エコたろう
流路残水は、冷水・温水を作って発生する「水蒸気」のようなものです。

そのため、ガーディアンにお水を供給するホースだけでなく、流路残水をキッチンシンクに流すホースも必要になります。

ガーディアンにお水を供給するには、水栓の水圧を利用するので、ある程度距離が離れても問題ありませんが、逆に、ガーディアンが流路残水をキッチンシンクへ流す場合は、距離が遠すぎるとうまく排水できません。

なので、排水ホースが必要なガーディアンは「水栓からの距離が5m(メートル)以内」という制限があります。

ガーディアンは「コンパクトサイズ」なので、ちょっとしたスペースがあれば設置することができますが、「スペースがないからちょっと離れた場所に置こう」ということが出来ません。

 

タッチ式による操作ミス

ナノラピアガーディアンは、ネオやトリニティのようにレバー式でなく、タッチ式なので「うっかり操作を間違えた!」なんてことがあります。

例えば、温水を使いたい場合「温水ボタンをタッチ」して抽出しますが、そのまま約7秒操作しないと「自動的に冷水モードに戻る」ようになっているんです。

温水の温度や抽出量を悩んでいると、知らないうちに冷水に戻っているので、間違ってしまう可能性があります。

あと、高(93℃)の温水を使いたいのに、温水ボタンをタッチしただけで抽出ボタンを押してしまい、ぬるい温水を使ってしまうなんてこともやっちゃいました・・・

ただ、こういった操作ミスは、ガーディアンを使い始めだけだと思うので、あまり気にする必要はないかも知れません。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンドガーディアンのデメリットを補う機種

ウォータースタンド(WATER STAND)ガーディアンのデメリットが、どうしても嫌だという方には、そのデメリットがない機種を選ぶのも解決策のひとつです。

 

温水機能が充実している機種

温水タンクを搭載しているのは、

温水タンク搭載機種

  • ナノラピアネオ
  • プレミアムラピアステラ
  • プレミアムラピアS2
  • プレミアムラピアL2
  • ROスタンド

といった機種があります。

2020年9月現在、ナノラピアシリーズで温水を待たずに使えて、連続抽出できる機種は「ナノラピアネオ」がおすすめですね。

▶︎[公式]ネオの申込はこちら↗︎

 

レンタル料・電気代が安い機種

レンタル料・電気代が安い機種は、

電力不要の機種

  • ナノラピアメイト
  • ナノスタンド
  • プレミアムラピアネオス2

といった機種があります。

この3機種は、レンタル料金が安いだけでなく、電力が不要なので「電気代がかからない」ので、月々の料金を節約することが出来ます。

ただ、電力を使わない機種なので、冷水・温水を抽出することができず、常温水しか使えないというデメリットがあります。

 

停電時にお水を抽出できる機種

停電時でも「タンク式+レバー式」であれば、ウォータースタンド本体内に貯水してあるお水を使うことが出来ます。

タンク式+レバー式は、

電力不要の機種

  • ナノラピアネオ
  • ナノラピアトリニティ
  • プレミアムラピアS2
  • プレミアムラピアL2

といった機種があります。

ウォータースタンドの抽出方法がタッチ式で電力が必要な機種だと、冷水・温水のタンクが搭載されていても、停電時は使うことが出来ません。

このように、ガーディアンのデメリットを補える機種は色々ありますが、それらの機種にもデメリットがあるので、どちらを優先するかになってきます。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

まとめ(ウォータースタンドガーディアンのデメリット)

ウォータースタンド(WATER STAND)ナノラピアガーディアンのデメリットについて解説してきました。

悪い口コミ・評判のデメリットに向き合って、数ヶ月間ガーディアンを使い続けてきましたが、正直なところあまり気になることはありません。

もちろん、デメリットがないに越したことはありませんが、どんな商品でも100%完璧なものってありませんよね?

何より、ナノラピアガーディアンを使うことで「ペットボトルのお水を買わなくて良い」、「ウォーターサーバーのようにお水のタンクを入れ替えなくて良い」、「温水・冷水による調理の時間短縮になる」というようなメリットを考えれば、それほど気にならないはずです。

なので、ウォータースタンド「ナノラピアガーディアン」のある生活を始めてみませんか?

ウォータースタンドは、申し込みしても人気があって、順番待ちになる可能性があるので、なるべく早めに申し込みするのがおすすめです!

-ウォータースタンド

© 2020 地球にやさしいエコライフ