ウォータースタンドは一人暮らしだからこそ必要!水道光熱費を気にせず使えるおすすめ機種を紹介!

ウォータースタンド(WATER STAND)は「水道直結型」ウォーターサーバーなので、設置してしまえばお水は使い放題ですし、毎日美味しいお水を飲むことが出来ます。
エコたろう
エコたろう
水道水には、病原生物などを除菌するための「塩素」が含まれているので、そのまま飲むとカルキ臭いから抵抗ありますよね・・・
でも、ウォータースタンドを「一人暮らしで使う必要があるのだろうか?」なんて、ちょっと「ぜいたく」に感じてしまうこともあると思うんです。 ですが、ウォータースタンドは、一人暮らしだからこそ必要で使うべきウォーターサーバーですから、ぜいたくなんて考える必要は全くありません。 一人暮らしだとペットボトルの水を買いに行く時間が作れなかったり、重たいペットボトルを持ち帰るのは大変ですから、ウォータースタンドがあれば時間を有効的に使うことが出来ますよね! なので、ウォータースタンドを設置して、より快適に過ごせる「新しいライフスタイル」を手に入れましょう‼︎ ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

一人暮らしでもウォーターサーバーは必要な理由とは

一人暮らしだと、お水を飲んだりする量が多くないから、買い物ついでにペットボトルのお水を買っている方も多いのではないでしょうか? 確かに、一人暮らしだとお水を使う量は少ないかもしれませんが、ウォーターサーバーを使っている一人暮らしの人は意外と多いんですよね。 一人暮らしの人は、
  • 水道水がカルキ臭くて飲めない。
  • 料理やご飯を炊くお水にこだわりがある。
  • ペットボトルのお水を毎回買うのが大変。
  • ペットボトルのお水を買いに行く時間がない。
  • コーヒーや紅茶でお湯をよく使う。
というような理由でウォーターサーバーを使っているんです。
エコたろう
エコたろう
一人暮らしだと、全ての家事をひとりでやらないといけないので、お水くらいはストレスなく使いたいですよね!
ウォーターサーバーの中でも「水道直結型ウォータースタンド」は、生活に負担をかけるような手間や作業がないので、一人暮らしで設置する人が多くなっています。 ウォータースタンドを設置して、毎日快適なライフスタイルをスタートさせましょう‼︎ ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンドを一人暮らしで使うメリットデメリット

一人暮らしの人が、ウォータースタンド(WATER STAND)を使う上で「どんなメリット・デメリットがあるのか?」宅配型のウォーターサーバーと比較しながら解説していきましょう。  

ウォータースタンドを使うメリット

  • お水のボトル交換がいらない。
  • お水が空になったボトルゴミが出ない。
  • お水の注文、受取がいらない。
  • お水のボトルを置く場所がいらない。
というように、多くのメリットがあります。  

お水のボトル交換がいらない

ウォータースタンドは「水道直結型」のウォーターサーバーなので、お水がなくなってボトルを入れ替える作業がありません。 ウォータースタンドは、水栓から水道水を直接で取り込んでキレイなお水を作っているので、ウォータースタンド本体のタンクがなくなりそうになっても、自動的にタンク内のお水を満タンにしてくれます。 宅配型のウォーターサーバーだと、お水のボトルはかなり重たいので、入れ替え作業が大変ですけど、ウォータースタンドは何もしなくて良いのでおすすめです。  

お水が空になったボトルゴミが出ない

ウォータースタンドは「ボトルレス(お水のボトルが必要ない)」ですので、ボトルのゴミが出ることもありません。 最近の宅配水ボトルは、ものすごく小さくすることができる容器もありますよね。 ですが、いくら空のボトルが小さくなったとしても、水道直結型によるボトルレスに勝るものはありませんので、こういった手間がかからないことも、ウォータースタンドが選ばれる理由のひとつとなっています。  

お水の注文、受取がいらない

宅配型のウォーターサーバーだと、お水のボトルを使いきれずストップしたり、ボトルの在庫がなくなると再度配達を依頼する作業が必要になります。 また、一人暮らしだと家にいる時間帯が限られてきますから、お水のボトルを受け取るにも一苦労ですし、置き配するにしてもちょっと心配ですよね・・・
エコたろう
エコたろう
ウォータースタンドなら、こういった面倒な作業は一切ありませんから、一人暮らしのためにあるといっても過言ではありませんね!
▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

お水のボトルを置く場所がいらない

宅配型のウォーターサーバーだと、予備として頼んであるお水のボトルを置いておくスペースが必要になります。 ウォーターサーバーにもよりますが、お水のボトルひとつでも結構かさばりますので、一人暮らしの部屋にはあまりお水のボトルは置いておきたくないですよね。 ウォータースタンドなら本体を置くスペースだけあれば良いので、お水を使う量を気にする必要がありません。  

ウォータースタンドを使うデメリット

  • 休止することが出来ない
  • 機種によって停電時に使えない
というように、デメリットもあります。  

休止することが出来ない

ウォータースタンドは「定額料金制」ですから、ウォータースタンドを全く使わなかったとしてもレンタル料がかかります。 宅配型のウォーターサーバーだと、レンタル料金は無料で「お水のボトル代」だけが有料というのがほとんどです。 なので、あまりお水を使わない時期であれば宅配を休止すれば済みますが、ウォータースタンドは水道直結ですから「1ヶ月だけ休止する」というようなことが出来ません。  

機種によって停電時に使えない

ウォータースタンドに限ったことではありませんが、タンク内のお水を冷水・温水にするために電力を使う機種があります。 もし、停電してしまったら、ウォータースタンドのタンク内にある冷水・温水は、時間が経過すると常温になってしまいます。 また、水道水をウォータースタンド本体に取り込むことが出来ないので、停電しているとタンク内のお水を使い切ったら、新たにお水が抽出できなくなってしまうんです。 宅配型のウォーターサーバーも電力を使っているものは使用できなくなりますが、非常時には予備の「お水ボトル」があることで、何かと役立つことがあります。  

ウォータースタンドを一人暮らしで使う時の月額料金

ウォータースタンド(WATER STAND)を一人暮らしで使った場合の「月額料金」がいくらくらいかかるのか解説していきましょう。  

ウォータースタンドのレンタル料金

ウォータースタンドのレンタル料金は「2,480円〜7,980円(税別)」というよう幅があるので、選ぶ機種によってレンタル料金が違います。 一人暮らしでウォータースタンドを使うのであれば、ナノラピアメイト「月額2,480円(税別)」、ナノラピアネオ「月額3,980円(税別)」、ナノラピアガーディアン「月額4,480円(税別)」といった機種を選ぶ人が多くなっています。  

ウォータースタンドによる水道光熱費

ウォータースタンドは、レンタル料以外の費用は特にありません。 ですが、ウォータースタンドを使うことで「水道光熱費(水道代、電気代)」に少なからず影響があります。  

ウォータースタンドの水道代

水道代に関しては、今まで水道水を使っていたのが、ウォータースタンドのお水を使うようになるだけなので、ほとんで影響はありません。 ただ、ウォータースタンドを設置したことで、よりお水を使うようになれば影響はありますが、水道代が高くなったとしても「数十円程度」でしょう。 また、プレミアムシリーズを使う場合、純水を作る過程で「排水(廃棄水)」が発生する分、水道代が「数百円程度」高くなる可能性があります。  

ウォータースタンドの電気代

ウォータースタンドを使うことで、電気代にもわずかながら影響があります。 選ぶ機種にもよりますが、ウォータースタンドの電気代は「約800円〜900円」くらいとなっています。
エコたろう
エコたろう
電力不要の機種や電気代が安い機種もあります。
ウォータースタンド本体に冷水や温水のタンクがあると、温度を保つために電力を消費するので「電力不要の機種」や「タンクレスの機種」であれば電気代を気にする必要がありません。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンドで一人暮らしに向いている機種

一人暮らしにおすすめのウォータースタンド(WATER STAND)は、
  • ナノラピアガーディアン
  • ナノラピアメイト
のナノラピアシリーズ「2機種」です。
機種 (モデル)お水の 種類電気代 (水道代)通常プラン長得プラン (初期費用)
ガーディアン約150円 (約61円)4,480円4,000円 (1万円)
メイト0円 (約61円)2,480円2,000円 (1万円)

水道代はナノラピアネオの水道料金目安。

「ナノラピアガーディアン」と「ナノラピアメイト」は、他の機種と比べて電気代や水道代といった水道光熱費が安いのが特徴です。 ナノラピアメイトに関しては、お水が常温水しか抽出することが出来ませんが、電力不要の機種なので電気代がかかりませんし、レンタル料金も月額「2,480円(税別)」と1番安くなっています。 冷水や温水が使えなくてもお水の質は変わりませんので、ナノラピアメイトは一人暮らしにおすすめできる機種です。 また、ナノラピアガーディアンは、冷水・温水・常温水全て抽出することが出来るのにコンパクトサイズなので、一人暮らしでも置き場所に悩まされることはありません。 レンタル料だけみると、月々支払うには「ちょっと高いかな・・・」なんて思うかもしれません。 ですが、ナノラピアネオは「レンタル料が月額3,980円(税別)」とナノラピアガーディアンよりも安いですけど、電気代が800〜900円かかることを考えるとほとんど同じです。
エコたろう
エコたろう
使い方次第でナノラピアガーディアンの方が多少安くなると思います。
なので、温水や冷水を使える機種であれば「ナノラピアガーディアン」がおすすめですね! ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

まとめ(ウォータースタンドは一人暮らしに必要なのか)

ウォータースタンド(WATER STAND)を「一人暮らしで使う必要があるのか?」ということについて解説してきました。 ウォーターサーバーは、家族で暮らしている住まいによくあるイメージがあるかもしれませんが、ウォータースタンドに関しては一人暮らしの方も多く使われています。 一人暮らしをされている方が、買い物に行く時間も限られてきますし、その中で重たい2Lのペットボトルの水を買ってくるのは大変ですよね。 なので、一人暮らしだからこそ、ウォータースタンドを設置することで、より「美味しいお水」と「ライフスタイル」を作り上げていくことが出来ますので、ウォータースタンドのある生活を始めてみましょう!