ウォータースタンドネオとマリンはサイズで選ぶべき?それとも機能性?どっちがベストか徹底比較!

ウォータースタンド(WATER STAND)「ナノラピアネオ」と「ナノラピアマリン」は、レンタル料が同じ「3,980円(税別)」なので、どっちを選べばいいのか迷っちゃいますよね。

注意

※2020年11月現在、ナノラピアマリン新規受付は終了。
▶︎マリン後継機ガーディアンはこちら!

ネオとマリンは、抽出できるお水(冷水・温水・常温水)の種類は同じなので、コンパクトなマリンの方が、キッチンのちょっとしたスキマに置けますし、重さも約8kgなので動かして掃除することもできます。

それぞれ使い方などに違いはありますが、ウォータースタンドを置くスペースがあまりなければ、サイズが小さいナノラピアマリンがおすすめです!

ウォータースタンドネオとマリンの違いとは

ウォータースタンド(WATER STAND)「ナノラピアネオ」と「ナノラピアマリン」の違いを詳しく解説していきます。

ネオとマリンのサイズ・重量

ネオとマリンの「サイズ・重量」の違いをみていきましょう。

サイズ・重量の比較表

機種(モデル)名幅(W)奥行(D)高さ(H)重量

ネオ
260mm505mm500mm18kg

マリン
※新規受付終了
181mm420mm375mm8.5kg

ネオとマリンの画像を見ても、サイズの違いをあまり感じられないかもしれませんが、サイズ表を見ても分かるように、ナノラピアネオとマリンの「サイズ(幅、奥行き、高さ)」は、すべてにおいてマリンの方がコンパクトです。

サイズ・重量に差がある理由

これだけサイズ・重量に差があるのは、マリンには「温水タンクがない」からです。

マリンは、温水を抽出する際、水道からのお水を取り込むと同時に、本体内部で瞬間的に加熱して温水をつくりだしているので、温水タンクがない分「コンパクトサイズ」になっています。

ネオとマリンの温水(お湯)抽出方法

ネオは、本体に冷水・温水専用のタンクがあるので、お水を抽出する時は、まずタンクのお水から使用します。

一方、ナノラピアマリンは、本体内に冷水用のタンクないので、温水は「瞬間温水加熱方式」によって、水道水をダイレクトに加熱処理して抽出しています。

ナノラピアマリン瞬間温水加熱方式
瞬間温水加熱方式

また、ネオは「タンクの温水を加熱して抽出」するので、温水温度が「約85℃〜93℃」と差がありますが、マリンは「瞬間温水加熱方式」なので、温水を「約93℃」と一定の温度で抽出できます。

ネオとマリンの使用するフィルターの種類

ネオには「ネオセンスフィルター」、「ナノトラップフィルター」、「イノセンスフィルター」の3種類を使用していますが、マリンには「ネオセンスフィルター」は使用していません。

エコたろう
フィルターが2種類でも、お水の質に違いはありません。

ネオセンスフィルターは、メインのフィルターである「ナノトラップフィルター」の負担を軽減する役割をしているからです。

あくまで、最も重要なフィルターは「ナノトラップフィルター」なので、お水の質に変わりはありません。

ネオとマリンのフィルター交換時期

機種(モデル)名ネオセンス
フィルター
ナノトラップ
フィルター
イノセンス
フィルター
抗菌
フィルター

ネオ

6ヶ月

12ヶ月

12ヶ月

24ヶ月

マリン
※新規受付終了

6ヶ月

6ヶ月

マリンには、ネオセンスフィルターがないため「ナノトラップフィルター」への負担が大きくなるので、フィルター交換時期が6ヶ月に1度というように、交換サイクルが短くなっています。

ネオは「ネオセンスフィルター」に負担がかかっているので、交換サイクルが6ヶ月に1度となっています。

なので、ネオとマリンは、交換するフィルターに違いはありますが、タイミングとしてはどちらも「6ヶ月に1度」ですし、抽出できるお水の質も同じになるということです。

ウォータースタンドネオとマリンのデメリットとは

ウォータースタンド(WATER STAND)「ナノラピアネオ」と「ナノラピアマリン」には、それぞれどんなデメリットがあるのか解説していきましょう。

ナノラピアネオのデメリット

ナノラピアネオのデメリットは、

ネオのデメリット

  1. 本体サイズが大きく重さがある。
  2. 温水の抽出温度が一定でない。
  3. 連続抽出を止める時に水がこぼれる。

ということです。

ネオは、写真でみるよりもかなりサイズが大きいですし、タンク「冷水(2.5L)、温水タンク(1L)、常温水(2.5L)」があるので、かなり重いんですよね。

エコたろう
正面や斜め45度から見ると分かりませんが、側面から見ると奥行きが想像以上に大きく感じます。ト

使い方は「レバー式」なのでシンプルですが、連続抽出機能が使いづらいと感じるかもしれません。

ネオで温水を連続抽出する様子
ネオで温水を連続抽出する様子

冷水・温水・常温水どの場合でも、連続抽出は「レバーを手前に引き上げて」抽出しますが、いざ連続抽出を止める時には、レバーを元の位置に戻さないと止まらないんです。

レバーを元の位置に戻すには、必ず抽出口の下を通ることになるので、レバーを戻す時にお水がレバーにあたってこぼれてしまいます。

なので、ナノラピアネオで連続抽出する時は、タオルなどでなるべくこぼれないように工夫が必要ですね。

ナノラピアマリンのデメリット

ナノラピアマリンのデメリットは、

マリンのデメリット

  1. 温水の抽出に時間がかかる。
  2. タッチ式操作ミスが起きる。

ということです。

マリンは「瞬間温水加熱方式」によって温水を抽出するため、最初に温水を抽出するのに多少時間(約8秒)がかかってしまいます。

個人的には、温水を抽出するまでに10秒かからないので、それほどデメリットに感じませんが、ボタンを押してすぐに温水が出てこないのは、使い勝手がよくないと感じるかもしれません。

また、ナノラピアマリンは「タッチパネル式」なので、操作ミスが起きる可能性があります。

ナノラピアマリンは操作がタッチ式
ナノラピアマリンは操作がタッチ式

操作ミスが起きやすいのは、温水を抽出する時に「温水ボタン」をタッチして、約7秒間操作しないと「冷水」に自動的に切り替わってしまうことです。

ナノラピアマリンの使い方に慣れてしまえば大丈夫ですが、温水ボタンをタッチして「抽出量をどのくらいにするか?」なんて悩んでいると、知らないうちに冷水に切り替わってしまい、温水を抽出したつもりが冷水だったなんてことが起きる可能性があります。

ウォータースタンドネオとマリンの月額料金と費用

ウォータースタンド(WATER STAND)「ナノラピアネオ」と「ナノラピアマリン」の月額料金や費用について解説していきましょう。

ネオとマリンのレンタル料

ウォータースタンドのレンタル料金は「通常プラン」と「長得(ちょーとく)プラン」の2種類から選ぶことが出来ます。

通常プラン

通常プランは、どちらの機種も月々のレンタル料が「3,980円(税別)」です。

契約初月は、ウォータースタンドを設置した日から日割り計算されるので、3,980円が請求されるのは2ヶ月目以降ということになります。

長得(ちょーとく)プラン

ウォータースタンド長得プランはずっとお得
長得プランはずっとお得!

初期費用10,000円(税別)を支払うことで、レンタル料が毎月480円割引された「3,500円(税別)」になるのが長得プランです。

長得プランは、22ヶ月目までは「通常プラン」と支払う料金は同じですが、23ヶ月目以降も「ずっと480円割引」されるので、長く使えば使うほどお得になります!

なので、ウォータースタンドを長く継続して利用を続けるのであれば「長得プラン」で始めるのがおすすめですね。

ネオとマリン月々の電気代

ナノラピアネオの電気代は「約859円」、ナノラピアマリンの電気代は「約427円」です。

マリンには温水タンクがなく、使う時にだけ温水を「瞬間温水加熱方式」で抽出するので、ネオよりも月々の電気代が半分くらいしかかかりません。

ネオは、冷水も温水もタンク式ですから、常に保冷・保温するために電力を消費しますし、タンク内のお水を衛生的に保つために抗菌処理もしています。

なので、ナノラピアネオの方が、どうしても月々の電気代が高くなってしますんですね。

ネオとマリン月々の水道料金

ナノラピアネオは常に冷水・温水タンクにお水をためておく必要がありますが、マリンの方は冷水タンクだけしか必要ありませんので、水道料金もマリンの方が安くなります

ただ、水道料金は、日常生活の中で使用したお水の総量によって料金が請求されるため、それぞれのご家庭で違いが出てきてしまいます。

ご家庭の水道水を1リットル使ったときの水道料金は約0.2円です。ミネラルウォーター「500ミリリットル」のペットボトル2本でおよそ200円。 水道水はミネラルウォーターの1,000分の1の値段です。

ウォータースタンドは、ほぼ毎日使っていくものなので、電気代や水道代を考えると、マリンの方が光熱費の節約につながりますね!

まとめ(ウォータースタンドネオとマリン比較)

ウォータースタンド(WATER STAND)「ナノラピアネオ」と「ナノラピアマリン」を比較してきました。

ナノラピアネオとマリンの決定的な違いは、マリンに搭載された「温水の抽出方法(瞬間温水加熱方式)」によって、本体サイズがコンパクトになったことです。

ウォータースタンドを置くのは、よく使うキッチンだと思うので、料理を作る時の効率を考えると、できるだけ小さいサイズの方が良いですよね!

また、マリンは「デザインがおしゃれ」なので、知人や友人が家にきても、いわゆる「ウォーターサーバーを置いています!」みたいな威圧感を与えることがありません。

なので、「ナノラピアネオ」と「ナノラピアマリン」どちらにするか悩まれているなら、ナノラピアマリンの方がおすすめですね!

今なら1週間無料でナノラピアネオをお試しできるキャンペーン中なので、どうしても決めかねるという方は、実際に体験してみると安心できますね‼︎