ウォータースタンド

ウォータースタンド支払い方法!クレジットカード以外でキャリア決済やデビットカード使えるのか!

ウォータースタンド(WATER STAND)のレンタル料金は、設置する機種によって違いますが「定額制」なので、毎月どのくらい使ったか気にせず使い放題です!

定額制なので「キャリア決済」とか選べれば、携帯料金を支払う時にウォータースタンドのレンタル料金も一緒に支払えたら出来たら良いですよね。

ですが、ウォータースタンドの支払い方法には、クレジットカード決済しかありません

ネットショッピングの支払い方法によくある「キャリア決済」、「コンビニ決済」、「口座振替」、「代引き(代金引換)」といった支払い方法が選べないんです。

クレジットカードを持っていないけど、ウォータースタンドを利用したいという方は、唯一「デビットカード」で支払うことも出来ます。

エコたろう
エコたろう
ウォータースタンドの担当者に確認したらデビットカードも使えると言ってました。

なので、クレジットカード決済出来ないという方は、ウォータースタンドに相談してみるのがおすすめですね!

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド支払い方法(決済方法)の種類

ウォータースタンド(WATER STAND)支払い方法の種類について解説していきましょう。

ウォータースタンドは、個人でも法人でも利用できるため、それぞれ選べる支払い方法が違います。

 

ウォータースタンド個人利用者

ウォータースタンドを個人(一般のご家庭)で利用する場合、レンタル料の支払いは「クレジットカード決済」のみとなっています。

クレジットカードは、

ブランド種類

  • NICOS(ニコス)
  • JCB
  • VISA
  • Master(マスター)
  • Diners(ダイナース)
  • UFJ
  • American Express(アメリカンエキスプレス)

といった種類のブランドが利用可能です。

 

ウォータースタンド法人利用者

ウォータースタンドを会社など法人で利用する場合には、支払い方法として「クレジットカード決済」または「銀行振り込み」などを利用することが出来ます

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド個人の支払いに口座振替がない理由

ウォータースタンド(WATER STAND)を個人で利用する場合、口座振替がないのは「振替手数料」がかかってしまうからです。

振替手数料は、基本的にウォータースタンドの利用者が負担することになりますから、毎月の出費が増えてしまわないように配慮してくれています。

また、ウォータースタンドとしても、口座振替を導入するとなると、月額利用料がかかってしまう場合があるので、お互いデメリットがあるという意味でも、支払い方法に口座振替がない理由になっています。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンドの支払いでクレカがない時の対処法

ウォータースタンド(WATER STAND)の支払い方法には「デビットカード決済」も出来るようになっています。

ただ、デビットカードによっては、使えないブランドもあるようなので、クレジットカードがない方は、こちらから相談してみると安心です。

エコたろう
エコたろう
訪問診断や相談は無料なので、お気軽に相談してみましょう!

また、ウォータースタンドの支払い方法で「クレジットカード」か「デビットカード」を選べるわけではありません。

あくまでも、クレジットカード決済出来ないご家庭に限ってなので、クレジットカードを使いたくないという理由では、デビットカード決済を利用することが出来ません。

とはいえ、クレジットカードはあっても使いたくないこともあると思いますから、どうしてもデビットカードで支払いたい場合は、1度相談してみるのがおすすめです。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド支払いで使うクレジットカード登録方法

ウォータースタンド(WATER STAND)の支払いに「クレジットカードを使いたくない!」という方の中には、クレジットカード情報が漏洩してしまうかもしれないリスクを不安に感じている方もいるでしょう。

エコたろう
エコたろう
実は、私もクレジットカードを使いたくない派です。

ですが、ウォータースタンドの場合、クレジットカード情報をウォータースタンド公式サイトに入力したり、契約書類に記入するというような必要がありません。

ウォータースタンドの担当者が持参してくるカードリーダーの機械に通すだけなので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。

もちろん、ネット社会で生活している以上、100%安全ということはありませんが、ネット上で入力する必要がない分、安全だといえるでしょう。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド料金の支払日(引き落とし日)

ウォータースタンド(WATER STAND)料金の「締め日」や「支払日(引き落とし日)」について解説していきましょう。

 

ウォータースタンドレンタル料金締め日

ウォータースタンドのレンタル料は、月初から月末までの期間が対象です。

エコたろう
エコたろう
8月のレンタル料は「8月1日〜8月31日まで」です。

ウォータースタンドのレンタル料金は「定額制」ですが、ウォータースタンドを契約した初月は、ウォータースタンドの設置完了日から「日割り計算」になっています。

また、料金プランを「長得プラン(ちょーとくプラン)」で契約した場合は、初月に初期費用として「10,000円(税別)」が加算された料金が引き落とされます。

 

ウォータースタンドレンタル料の支払日

ウォータースタンドのレンタル料金の支払日(引き落とし日)は、ご契約されているクレジットカードによって違ってきます

クレジットカードが「毎月15日締の翌10日払い」だった場合、ウォータースタンドのレンタル料金は「毎月10日」に引き落とされるということです。

例えば、クレジットカードが「毎月15日締の翌10日払い」だとしましょう。

ウォータースタンド
設置日
ウォータースタンド
レンタル利用期間
クレジットカード
締め日
クレジットカード
引き落とし日
8月20日 12日間
(8月20日〜31日)
9月15日 10月10日払い
9月5日 26日間
(9月5日〜30日)
10月15日 11月10日支払い

ウォータースタンドの設置が「8月20日」だと、8月のクレジットカードの締め日が過ぎた後なので、「9月15日が締め日」となって「翌10月10日」が支払日ということになります。

また、ウォータースタンドの設置が「9月5日」だと、ウォータースタンドの利用は9月が対象となるので、クレジットカードの締め日は「10月15日」となって、「翌11月10日」が支払日ということになります。

ウォータースタンドを契約した最初の支払いは「日割計算」なので、表のようにまとめると分かりやすくなりますね!

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータスタンド料金を支払日に引き落とせなかったら

ウォータースタンド(WATER STAND)料金を「支払期日」までに引き落としが出来なかった場合、遅延損害金として費用が発生します。

「支払期日の翌日」から「支払日までの前日」までの日数に、全債務額に対して「年14.5%」の割合で計算される金額が遅延利息として請求されてしまいます。

遅延利息の費用を支払う場合、振り込み手数料などにかかる別途費用は、全てお客様の負担となります。

また、クレジットカード決済時に残高不足で引き落とし出来ないと、クレヒス(クレジットカード利用履歴)として残ってしまいますので、信頼度を下げてしまわないよう注意が必要ですね。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

まとめ(ウォータースタンドの支払い方法)

ウォータースタンド(WATER STAND)の支払い方法について解説してきました。

ウォータースタンドの支払い方法は、基本的に「クレジットカード決済のみ」となっています。

クレジットカードを持っていなかったり、どうしてもクレジットカードを使いたくないという方には、デビットカード決済も可能ですから、まずは無料訪問で設置場所や水栓形状など確認してもらうついでに相談してみるのがおすすめですね!

-ウォータースタンド

© 2020 地球にやさしいエコライフ