ウォータースタンド

ウォータースタンド廃棄水で水道代が高くなる理由!排水が必要な機種や仕組みについて徹底解説!

ウォータースタンド(WATER STAND)のROフィルター(逆浸透膜)は、水分子以外の不純物を99.9%除去することが出来ますが、高性能がゆえに「不純物を含んだ廃棄水(排水)」を発生させてしまいます。

不純物を含んだ廃棄水は、ウォータースタンド本体とつながっている「廃棄水(排水)ホース」を通して水栓のシンクへ流して捨てなければいけません。

なので、ROフィルターは、水道水を「純水」と「廃棄水」に分けるので、抽出するお水以上にお水を使っていることが、水道代を高くする原因となっています。

エコたろう
エコたろう
「赤ちゃん(生後約1年半)」や「妊婦の方」がいるご家庭なら、純水(ピュアウォーター)の方が安心ですが、そうでなければナノラピアシリーズの機種でも全く問題ありません。

お水の味が気になる方は、無料お試しできる「ナノラピアネオ」を1週間レンタルして、ウォータースタンドのある生活を体験してみてはいかがですか?

ウォータースタンドは、とても人気があって、申し込みしても「約2週間」くらい順番待ちになる可能性があるので、早めに申し込みするのがおすすめですね!

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド廃棄水(排水)で水道代が高くなる理由

ウォータースタンド(WATER STAND)「プレミアムシリーズ」は、ROフィルター(逆浸透膜)を使用して「純水(ピュアウォーター)」をつくるため、ウイルスや病原性微生物といった不純物を除去した廃棄水(排水)を発生させます。

例えば、水道からお水をコップ1杯入れる場合を想定してみましょう。

水道から直接入れたコップ一杯のお水には、不純物を含んだ廃棄水が含まれていることになりますよね。

なので、水道から「直接入れたコップ一杯のお水」と「ウォータースタンドで抽出したコップ一杯のお水」の水量が等しくなることはありません。

ウォータースタンドが、コップ一杯の純水(ピュアウォーター)をつくるためには、コップ一杯よりも多い水道水を使うことになるので「必然的に水道代が高くなってしまう」ということです。

エコたろう
エコたろう
不純物を含んだ水が取り除かれるから、抽出できるお水の量は少なくなるってことですね。

ROフィルターはそれだけ「高性能で衛生的に安全」ということになりますから、その分、ウォータースタンドの「月々のレンタル料」も「水道代」も高くなってしまいます。

とはいえ、ナノラピアシリーズで使用されている「ナノトラップフィルター」が衛生面で劣るわけではありません。

ROフィルター不純物除去率は「約99.9%」に対し、ナノトラップフィルターは「約99.5%」なので、どちらも高性能フィルターです。

ROフィルターは、水分子以外通さないので、お水の味を左右するとされている「ミネラル」さえも除去してしまうので、ナノトラップフィルターでつくるお水よりも美味しくないと感じる方もいるようです。

なので、どうしても純水が良いということでなければ、料金も安くて水道代も気にする必要がない「ナノラピアシリーズ」がおすすめですね!

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド廃棄水(排水)によって生じる水道代

ウォータースタンド(WATER STAND)の廃棄水(排水)によって、水道代がどのくらい違ってくるのか解説していきましょう。

水道代は、飲料水としてだけでなく、料理、お風呂、トイレ、洗濯など、お家の至る所で使われているので、ウォータースタンドで使用したお水だけを正確に計測することが出来ません。

エコたろう
エコたろう
一般的なご家庭の水道代は、1L(リットル)あたり「約0.2円」くらいとされています。

ウォータースタンド「ナノラピアシリーズ」を「1日10L(1ヶ月約300L)」使うと、ウォータースタンドで使用した水道代は1ヶ月「約60円」となります。

一方、ウォータースタンド「プレミアムシリーズ」を同じ条件で使うことを想定すると、水道代は1ヶ月「約180円〜240円」と約3倍になりますので、廃棄水(排水)が発生する分かなり高くなる計算ですね。

ただ、うちもウォータースタンドを使っていますが、1日に約10Lウォータースタンドのお水を使うことはほとんどありませんから、使用した水量が半分くらいと考えれば、1ヶ月の水道代は「約90円〜120円」程度で済むでしょう。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド廃棄水(排水)の仕組み

ウォータースタンド(WATER STAND)の廃棄水(排水)の仕組みを詳しく解説していきましょう。

 

廃棄水(排水)の発生原因

ウォータースタンドが「廃棄水(排水)」を発生させる原因は、「ROフィルター(逆浸透膜)」と「瞬間冷温水システム」です。

 

ROフィルター(逆浸透膜)

ROフィルター(逆浸透膜)は「Reverse Osmosis Membrane」の略で、水分子以外の不純物を99.9%除去でき、水分子しか通ることが出来ません。

ウォータースタンド内部で水道水に圧力をかけ、ウイルスなどの不純物を除去した純水(ピュアウォーター)だけが「ROフィルター」を通る仕組みです。

ROフィルター(逆浸透膜)の仕組み

ROフィルター(逆浸透膜)の仕組み

上の図を見ても分かるように、「純水」と「非純水(水道水)」の間にあるのが「ROフィルター」です。

非純水の方に圧力をかけることで、水分子だけがROフィルターを通って純水のエリアに移り、不純物を含んでいる非純水はそのままのエリアに滞在することになります。

ROフィルターを通ることが出来ない「不純物を含んだ廃棄水」は、ウォータースタンドの排水ホースを通って、キッチンなどシンクへと流されます。

 

瞬間冷温水システム

ナノラピアシリーズは、ROフィルターではなく「ナノトラップフィルター」を使用しているので、廃棄水(排水)を発生させることはありません。

ですが、プレミアムシリーズと同じように「ナノラピアガーディアン」には、給水ホースと排水ホースの2種類が必要です。

ナノラピアガーディアンには、水道水をダイレクトに処理する「瞬間冷温水システム」が搭載されています。

ナノラピアガーディアン瞬間冷温水システム

ガーディアン瞬間冷温水システム

瞬間冷温水システムは、本体内で水道からのお水を急激に冷却させたり、加熱させることで「水蒸気」が発生してしまうので、圧力を逃すために排水として処理する必要があるんです。

ただ、ROフィルターによる廃棄水とは違い、水量もほんの僅かですし、水道水によるものではないので、水道代に影響はありません。

 

廃棄水(排水)の水量

ROフィルターによって発生する廃棄水の量は、コップ1杯の純水(ピュアウォーター)を抽出するのに、コップ2〜3杯分の水道水が必要になります。

純水の量よりも多くのお水を廃棄水として捨てることを考えると、すごくもったいないと感じてしまうかもしれません。

ですが、大切な赤ちゃんの「ミルク」や「離乳食」に純水を使ったりする場合には、とても衛生的で安全なので、子育ての時期だけでもプレミアムシリーズを利用すると安心ですね。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

廃棄水(排水)を発生させる機種

では、ウォータースタンド全機種の中で「廃棄水(排水)」を発生させる必要がある機種を見ていきましょう。

 

ナノラピアシリーズ

※マリンは新規受付終了

ナノトラップフィルターを使用している「ナノラピアシリーズ」の中で、廃棄水(排水)を発生させるのは「ナノラピアガーディアン」だけです。

ガーディアンは、瞬間冷温水システムによる水蒸気を排出するだけなので、水道代に影響はありません。

 

プレミアムシリーズ

ROフィルターを使用している「プレミアムシリーズ」は、

プレミアムシリーズ

  • プレミアムラピアステラ
  • プレミアムラピアS2
  • プレミアムラピアL2
  • プレミアムラピアネオス2
  • ROスタンド(クール)

といった全機種が「廃棄水(排水)」を発生させます。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

ウォータースタンド廃棄水(排水)は再利用できるのか?

ウォータースタンド(WATER STAND)の廃棄水(排水)は、純水の抽出量の「約2〜3倍」のお水が必要なので、ただキッチンのシンクに流して捨てるのは、もったいないと思いますよね。

廃棄水(排水)をうまくためておいて、お花や植木などの水やりなどに使えたら水道代も気にしなくて良いですし。

エコたろう
エコたろう
せっかくエコなウォータースタンドを使っているので、廃棄水も再利用できたら良いですよね!

ですが、ウォータースタンドとしては、不純物を含んだ「廃棄水(排水)の再利用は出来ない」という回答です。

元々水道水からのお水なので、理論的には使っても問題ないように感じるかもしれませんが、廃棄水(排水)を再利用したことによって、万が一何か不都合が生じる可能性を考えると、再利用を認めるわけにはいかないでしょう。

▶︎[公式]ウォータースタンドHPはこちら↗︎

 

まとめ(ウォータースタンド廃棄水(排水)による水道代)

ウォータースタンド(WATER STAND)の廃棄水(排水)によって影響がある水道代について解説してきました。

ROフィルター(逆浸透膜)を使用しているウォータースタンド「プレミアムシリーズ」は、純水(ピュアウォーター)をつくる過程で、不純物を除去したお水を発生させるため、ナノトラップフィルターを使用している「ナノラピアシリーズ」よりも、水道代が高くなります。

コップ一杯の純水をつくるのに、水道水のお水をコップ約2〜3杯分使うことになるので、水道代も「約3倍近く高くなってしまう」ということです。

ただ、ウォータースタンドの廃棄水だけで水道代を考えると、月々約180円〜240円くらいなので、ものすごく負担になることはありません。

「生後まもない赤ちゃんや妊婦の方がいるご家庭」や「お水にこだわりがある方」で、どうしても純水が良いという理由出ない限り、ナノトラップフィルターを使ったウォータースタンドの方がおすすめです。

ウォータースタンドは、無料お試しキャンペーン中なので、体験できる「ナノラピアネオ」を実際に使ってみて、お水の味など確認してみると安心できるでしょう。

無料お試しキャンペーンは、いつ終了するか分かりませんので、なるべく早めに申し込みするのがおすすめですね!



-ウォータースタンド

© 2020 地球にやさしいエコライフ