ウォータースタンド抽出した水で氷を作ると危険!安全で正しい氷の作り方や消費期限など徹底解説!

ウォータースタンド(WATER STAND)を設置したら、お水を飲んだり料理に使うだけでなく、ジュース、アイスコーヒー、水割り(お酒)などを飲む時の氷にも使いたいですよね! ただ、ウォータースタンドは、お水を衛生的に保ってくれる「塩素(カルキ)」も取り除いてしまうので、浄水(ろ過)されたお水は「雑菌」や「カビ」などが繁殖しやすい状態ですから、衛生面に注意して氷を作る必要があります。 お水を入れるコップや氷を作る製氷皿は「よく洗浄したものを使わないと危険」ということなので、しっかり洗った製氷皿を使えばウォータースタンドのお水で氷を作っても問題ありません
エコたろう
エコたろう
製氷皿は水洗いするだけで良いので、手間をかけずに氷を作れます。
もし、冷蔵庫に付属している自動製氷機で氷を作る場合には、水道水しか対応していないものもありますので、使用前に必ず冷蔵庫の取扱説明書を確認しておくと安心ですね。 ウォータースタンドのお水でも衛生面さえ気をつければ氷を作っても何の問題ありませんから、ウォータースタンドのある快適なライフスタイルを始めましょう! ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンドのお水で氷を作ると危険な理由

ウォータースタンド(WATER STAND)で抽出したお水は衛生的なのに「どうして氷を作ると危険なのか?」気になりますよね。 正確には、ウォータースタンドのお水で氷を作ると危険というわけではなく、塩素が入っていないお水で氷を作ると殺菌力がないので、雑菌やカビなどが繁殖しやすくなってしまうということです。 ご家庭の水道から出てくるお水には、必ず「塩素が0.1mg/L(ミリグラムパ-リットル)以上含まれていなければいけない」というように、水道法によって決められています。 塩素には「殺菌効果」があるので、水道水のカビや雑菌の繁殖を防ぐ働きをしてくれていますが、ウォータースタンドは塩素を除去するだけでなく、塩素で殺菌できない「微細なウィルス」や「病原性微生物」なども除去できるので、美味しいお水が作れます。 ですが、冷蔵庫の自動製氷機を洗浄せずに塩素が抜かれたお水を入れてしまうと、キレイだったはずのお水に雑菌やカビが繁殖する恐れがあるんです。
エコたろう
エコたろう
わずかな雑菌であれば、自動製氷機に水道水そのまま入れても塩素が除菌してくれるということですね。
もちろん、自動製氷機が清潔に保たれていれば問題ありませんが、冷蔵庫によっては「水道水以外は使用しないで下さい」というような注意書きが説明書に記載されているものもあります。 なので、ウォータースタンドのお水で氷を作るには自動製氷機を使わず、しっかりと洗った「製氷皿」を使って氷を作るようにすれば問題ありません。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンドのお水で正しく氷を作る方法

ウォータースタンド (WATER STAND)のお水で正しく氷を作る方法を解説していきましょう!  

冷蔵庫の自動製氷機で作る方法

ウォータースタンドのお水を冷蔵庫に搭載されている「自動製氷機」を使って氷を作る時は、衛生面に十分注意する必要があります。  

ミネラルウォーター対応の自動製氷機

最近では、ミネラルウォーターなど塩素が含まれていない水で氷を作っても大丈夫な自動製氷機を搭載した冷蔵庫があります。 塩素が含まれない水が使える冷蔵庫の「自動製氷機」は、給水タンクや浄水フィルターが取り外しができるタイプなので、定期的に水洗いして衛生的に保つことができるんです。
エコたろう
エコたろう
冷蔵庫の機種によってお手入れする頻度は違うので、取扱説明書を確認しておきましょう。
そういった冷蔵庫をお使いであれば、ウォータースタンドのお水で氷を作ったとしても全く問題ありません。  

水道水のみ対応の自動製氷機

うちの冷蔵庫がそうなんですが、ひと昔前の冷蔵庫だと説明書に「水道水しか使わないで下さい」となっているものも多いので、こういった冷蔵庫の自動製氷機では、ウォータースタンドのお水で氷は作れません。  

製氷皿を使って氷を作る方法

ウォータースタンドなど「塩素を取り除いたお水」で氷を作るのに最も安全な方法は「製氷皿」を使う方法です。
ウォータースタンドの水で氷を作るには製氷皿が1番安全

ウォータースタンドの水で氷を作るには製氷皿が1番安全

製氷皿は冷凍庫に簡単に出し入れできますし、氷を作るたびに「水洗い」すれば、衛生的にも安心なので、ウォータースタンドのお水で「美味しい氷」を作ることができますね。 ただ、殺菌力のある塩素が取り除かれているので、ウォータースタンドのお水で作った氷はなるべく早く使い切るようにしましょう。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンドのお水で作った氷の消費期限(保存期間)

ウォータースタンド(WATER STAND)のお水で氷を作ったのは良いけど、「お酒の水割りを飲む時」や「アイスコーヒーを飲む時」など、タイミングに合わせて氷を使いたいので、ある程度の期間保存しておきたくなりますよね。 そこで、ウォータースタンドのお水やミネラルウォーターなど、塩素が含まれないお水で作った氷の「賞味期限(保存期間)」がどれくらいなのか解説していきましょう。  

冷凍庫内でのカビや雑菌の繁殖

冷凍庫内の温度が「約−18℃(マイナス18度)」くらいであれば、カビや雑菌が繁殖することはありません。 ですが、冷凍庫の中のものを取り出したり、買ってきたものを入れるためには「開け閉め」しなくてはいけませんから、−18℃をずっと保つことができずにカビや雑菌が繁殖する可能性があります。 また、冷凍庫に入れるものがすでにカビや雑菌が繁殖していると、冷凍庫が−18℃を保っていたとしても意味がありません。 冷凍庫だからといって必ずしもカビや雑菌が繁殖しないわけではありませんので、氷や冷凍食品を使う時はよく確認するよう心がけましょう。  

ウォータースタンドの水で作った氷の消費期限

約−18℃の冷凍庫内でも、カビや雑菌が繁殖する可能性があるということですから、ウォータースタンドのお水で作った氷は特に注意する必要があります。 水道水で作った氷であれば、ある程度の期間保存しておいても問題ありませんが、ウォータースタンドのお水で作った氷の場合は、1〜2日以内に使い切るのが安全です。 なので、ウォータースタンドのお水で氷を作る時には、あらかじめ使うことを想定してから氷を作るのがおすすめですね。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

まとめ(ウォータースタンドの水で氷を作る方法)

ウォータースタンド(WATER STAND)のお水で氷を作る方法について解説してきました。 ウォータースタンドのお水は、水道水を除菌する塩素を取り除いてしまうので、抽出したばかりの時は新鮮で美味しく飲んだり料理に使うことができますが、氷を作る場合には衛生面に十分注意する必要があります。 冷蔵庫の自動製氷機を使う場合には、取扱説明書にミネラルウォーターなど使用して良いかどうか、問題ないことを確認してから作るようにしましょう。 ウォータースタンドのお水で氷を作る場合、冷凍庫の製氷皿で作るのが最も安全な方法です。 製氷皿は洗剤など使わず、お水でしっかり洗うだけで衛生的に保つことができるので、ウォータースタンドのお水で氷を作る際は、製氷皿をしっかり洗ってから使うようにしましょう。 ただ、塩素が含まれていない分、カビや雑菌が繁殖しやすくなっているのは間違いありませんから、氷を作ったら出来るだけ早く消費するのが安心ですね! ウォータースタンドのお水でも「正しい方法」で氷を作れば、衛生面でも特に問題はありませんから、水割りでお酒を飲む時など色々なシチュエーションでウォータースタンドを活用していきましょう‼︎