ウォータースタンドの水道直結型はどんな仕組み?水道水を浄水するから宅配水のボトルがいらない!

ウォータースタンド(WATER STAND)ってすごく良さそうだけど「水道直結型」って何だかよく分からないし、設置するなら仕組みくらい知っておきたいですよね。 しかも、水道直結って言葉だけ聞くと、何だか「ものすごい工事をしないと取り付けられないんじゃないか?」なんて不安になっちゃいますし・・・ ですが、ウォータースタンドは、水道水を高性能浄水フィルターでキレイにしているので、水道直結といっても水道水を取り込むホースでつなげるだけです。 また、工事といっても水栓に水道水を分岐する金具を取り付けるだけなので「早ければ約30分」で終わります。
エコたろう
エコたろう
イメージとしては「超高性能な浄水器」という感じです。
なので、ウォータースタンドを設置すれば、水道の蛇口をひねると「常に美味しいお水が出てくる感じ」なので、うちでは生活の一部として大活躍中です! 今ならウォータースタンドの中でも人気がある「ナノラピアネオ」を無料でお試しできるキャンペーン中なので、実際にウォータースタンドのある生活を始めてみませんか? ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎ では、ウォータースタンドの水道直結型をもっと詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね!  

ウォータースタンド水道直結によるお水の流れ

ウォータースタンド(WATER STAND)の水道直結型の仕組みを理解するために、まずは水道水がウォータースタンドで「キレイなお水になるまでの流れ」について解説していきましょう。  

水道水を本体に取り込む

ウォータースタンドはご家庭の水道水をキレイにするので、水栓からの水道水が「給水ホース」を通って、ウォータースタンド本体に取り込まれます。 ウォータースタンドの機種にもよりますが、ウォータースタンドのタンクが満タンになるまで、水栓から水道水を取り込む作業が続きます。  

水道水をろ過する

ウォータースタンド本体に取り込んだ水道水は、高性能浄水フィルターを通って「不純物(塩素、ウィルス、病原性微生物など)」が取り除かれ、キレイなお水に生まれ変わります。  

ろ過したお水をタンクに溜める

キレイに生まれ変わったお水は、ウォータースタンドのタンクに溜められるので、お水を使う時はタンクから抽出口まで通ってコップなどに注がれます。 水道水がウォータースタンドに取り込まれてから、浄水フィルターでキレイなお水になって使うまでの流れは、とてもシンプルですので分かりやすいですよね。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンド水道直結型の仕組みとは

ウォータースタンド(WATER STAND)で水道水がキレイになるまでの流れを踏まえながら、それぞれのポイントを詳しく解説していきましょう。  

水道に分岐金具を取付ける

ウォータースタンドが水道水を取り込むには、今お使いの水栓に「分岐金具」を取り付けて、ウォータースタンドまで水道水が通るための「給水ホース」をつなげてあげなければいけません。 分岐金具を取り付けるには、
  • 水栓に分岐金具を取り付ける。
  • アンダーシンク配水管に分岐金具を取り付ける。
というような方法から選択することが出来ます。  

水栓に分岐金具を取付け

ウォータースタンドに水道水を送るために「水栓に分岐金具を取り付け」工事をします。
水栓に分岐金具を取り付けた様子

水栓に分岐金具を取り付けた様子

工事といっても穴を開けたりすることはなく、今お使いの水栓に専用の分岐金具を「挟むように取り付けるだけ」なので、取り外すして元に戻すことも出来ます。 ただ、お使いの水栓にあう分岐金具が、メーカーによって製造されていなかったり、古いものだと製造が終了している場合もあるんです。 そういった場合は、水栓のアンダーシンクにある配水管に分岐金具を取り付ける方法で、ウォータースタンドへお水を送るようにすることも出来ます。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

アンダーシンクに分岐金具を取付け

水栓にあう分岐金具がなくても、キッチンのアンダーシンクにある配水管に分岐金具を取り付ければ、ウォータースタンドまでお水を送る給水ホースをつなげることが出来ます。 アンダーシンクの配水管に分岐金具を取り付ける場合も、水栓に取り付ける時と同じように分岐金具を間に挟むように取り付けるだけなので、後から元に戻すことが出来るようになっています。
エコたろう
エコたろう
賃貸アパートや賃貸マンションでも、ウォータースタンドの取り付けが出来ます。
アンダーシンクの配水管に分岐金具を付けた様子

アンダーシンクの配水管に分岐金具を付けた様子

上の写真はうちのアンダーシンクなんですが、配水管の間に「分岐金具」が取り付けられ、左側にウォータースタンドへお水を送る道が出来ていますよね。 こんな感じで、設置工事と聞くと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、作業としては単純に水道水をウォータースタンドまで送る道を作ってあげるだけなので、それほど難しい作業ではありません。  

分岐金具から水道水を取り込む

水栓に取り付けた分岐金具には、ウォータースタンドへつながる給水ホースが付いているので、水道水はその給水ホースを通ってウォータースタンド内部へ送られます。 分岐金具には、水栓の蛇口のように開け閉めできる止水栓(レバー)が付いていますが、通常止水栓は開けた状態にしておきます。
エコたろう
エコたろう
常に、水道水がウォータースタンドまで流れるようにしておきます。
旅行などでウォータースタンドを「3日以上」使わない場合は、万が一の水漏れなどに備えて止水栓を閉めておくと安心ですね。  

浄水フィルターで水道水をろ過

ウォータースタンドに取り込まれた水道水は、浄水フィルターを通ってキレイなお水へと生まれ変わります。 では、ウォータースタンドで使用されている浄水フィルターについて詳しく解説していきましょう。  

浄水フィルターの種類

ウォータースタンドが使用する浄水フィルターは、
  • ネオセンスフィルター
  • ナノトラップフィルター
  • RO(逆浸透膜)フィルター
  • イノセンスフィルター
  • 抗菌フィルター
というように色々と種類がありますが、メインとなるフィルターは「ナノトラップフィルター」と「RO(逆浸透膜)フィルター」です。  
ナノトラップフィルター
ナノトラップフィルターは、ウォータースタンド「ナノラピアシリーズ」の機種に使われていて、ミネラル成分はそのまま残すことができるので、美味しいお水を味わうことが出来ます。 しかも、ナノトラップフィルターは、殺菌作用がある塩素を除去することが出来ますし、塩素で殺菌できないウィルスや病原性微生物を除去することができる高性能フィルターなんです。 なので、ウォータースタンド「ナノラピアシリーズ」の機種を設置されているご家庭が多くなっています。  
RO(逆浸透膜)フィルター
RO(逆浸透膜)フィルターは、ウォータースタンド「プレミアムシリーズ」の機種に使われていて、ナノトラップフィルターでは除去できない放射性物質やミネラル成分まですべて除去することができます。 真っ白な牛乳やコーヒーも、透明な真水に変えてしまうくらいROフィルターには、浄水する力があるということです。 人によっては、ミネラル成分が取り除かれてしまうと、お水が美味しくないという方もいますが、実際にプレミアムシリーズで抽出されたお水を飲んでみると、美味しくないと感じることはありませんし、味がすっきりしているような感じで飲みやすいですね。  

浄水フィルターによる廃棄水処理

ROフィルターは、純水(ピュアウォーター)を作るので、あらゆる不純物を取り除いた分廃棄する水が発生してしまいます。 例えば、コーヒーをROフィルターに通した場合、水となるものだけが抽出されて、コーヒー部分はすべて除去されて「廃棄水(排水)」として、ウォータースタンドからキッチンシンクへ捨てる処理が必要になるんです。
ROフィルターが純水を作る時のイメージ

ROフィルターが純水を作る時のイメージ

写真を見ても分かるように、真っ黒なお水がROフィルターを通ったら水だけが抽出されるイメージなので、有害となる物質はほぼすべて除去することができます。 なので、ROフィルターを使っているプレミアムシリーズの機種は、赤ちゃんのミルクや離乳食を作る時などに活用されているご家庭が多いですね。 ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

ウォータースタンド水道直結型によるメリットとは

ウォータースタンド(WATER STAND)の水道直結型は、
  • お水のボトルを交換しなくていい。
  • ボトルがないのでゴミが出ない。
  • 宅配水の注文・受け取りがいらない。
  • 予備の宅配水を置いておく場所もいらない。
  • お水の量を気にせず使える。
というように、宅配型ウォーターサーバーと比べると、多くのメリットがあります。 宅配水だと、どうしてもウォーターサーバーのお水がなくなったら、自分でボトルを交換しないといけませんし、空になったボトルはゴミの日に捨てないといけませんよね。
ウォータースタンドはメリットがたくさん!

ウォータースタンドはメリットがたくさん!

ウォータースタンドなら、水道直結型だからボトル交換をする必要もなければ、ボトルのゴミが出ることもありません。 また、宅配水だと毎月送られてくるお水を受け取らないといけないので、家にいないといけないという変なプレッシャーもありますよね・・・ ウォータースタンドの「水道直結型」は、宅配型ウォーターサーバーのデメリットとなるポイントをすべて補ってくれているんです! しかも、半年に1度、ウォータースタンドの専門スタッフによって、掃除、フィルター交換、メンテナンスすべてやってくれるので、衛生面でも安心して使うことができます。 なので、ウォータースタンドはとても使い勝手がいいですし、使う手間もほとんどないので、うちでは生活になくてはならない存在になっていますね! ▶︎[公式]ウォータースタンド申込はこちら↗︎  

まとめ(ウォータースタンド水道直結型の仕組み)

ウォータースタンド(WATER STAND)水道直結型の仕組みについて解説してきました。 ウォータースタンドは、水道水を高性能フィルターを使ってキレイなお水を作っているので、仕組みとしてはとてもシンプルです。 設置工事も、水道水をウォータースタンドへ送るために、水栓に分岐金具を取り付けて、給水ホースをつなげてあげるだけなので、それほど難しいことはありません。 ウォータースタンドは、1度設置してしまえば、すべて自動でキレイなお水を作ってくれるので、お水がなくなる心配もありません。 面倒なボトル交換、ボトルのゴミ捨て、ボトルの受け取りなど一切必要がないので、手間がかからないウォータースタンドはとってもおすすめです! 今なら、ウォータースタンド「ナノラピアネオ」を無料お試しできるキャンペーン中なので、実際にウォータースタンドのある生活を始めてみましょう‼︎